ブログ

ブログ一覧へ戻る

赤ちゃん 眼にあたる光に注意 特にLED

 

令和の時代は此れまで 

隠蔽されてきた事が

次々に 世に出る時代と言われています

 

 2月10日月曜日の 

ラジオでは 中島院長と

1時間にわたり 午後1時半から2時半迄

これらの隠蔽されたお話しをしました。

 

著書に「歯原病」

神経を抜いた歯が引き起こす 

さまざまな全身の病気

様々な全身の病気は歯原病かもしれません

歯原病は隠蔽されてきたお話しです。

 

3Mix-MP法で日本でただ一人

 歯原病を徹底治療できる院長先生です

患者様は 全国から 1週間ほどホテルに滞在して

 歯原病治療されます。

木室ミエ子も歯原病の歯が2本ありました

多額の費用を使いインプラントを入れましたが

歯原病の治療は見落とされ

しかも 

歯のかみ合わせが悪いですよと

インプラント後 

歯科医師の方に指摘され

困っていました所 

中島院長が治療して下さっています。

 

中島歯科開業(福岡市博多区博多駅南1-3-6)

歯学博士 中島龍市

 

【眼にあたる光に注意】

 

赤ちゃんは 生後 6か月くらいまでは

 眼の神経細胞がまだ発達していないので 

人工の光をあてないように注意する

自然光は間接的に当てて  

直接あたらないようにする

 

電球 蛍光灯 LEDの光は

直接眼に当てない事。

 

又 この順に害は大きい

特にLEDは害が大きい

 

つまり

昼は自然光の中で 

夜は暗がりの中で育てる事

6か月から 1歳までは光には

ある程度 注意する

 

2020年 2月3日(月曜日)の

日本経済新聞の記事です

 

子供の近視 進行防げ

視力 0.3未満

40年で3.5倍に

2019年度の文部科学省学校保健統計調査によると 

裸眼視力が0.3未満の小学生の割合は

約9.4%で高校生は39%に達する

1979年から約40年間で小学生は約3.5倍に増えた

50年には全世界の人工の半数が

近視になるとの推計もあり 

国際的な課題だ

 

積極的に手を打ち始めた台湾では

 小学生に1日に2時間外で活動させた所

視力の低い小学生の割合が減った

日本でも対応が必要だとされるが

 前提となる子供近視の実態が把握できていない

小中学校は

 健康診断で簡易的な

視力検査をするのにとどまる

 

日本近視学会の大野京子理事長は

「地域の病院などと連携して 

全国の学校で専門のスタッフを

配置した調査をする 必用がある」と指摘する

子供の近視予防や進行抑制のポイント

学会ホームページで正しい情報を得る

数か月に1度 眼科を受診する

眼鏡などを定期的に

作り変えてキチンと矯正する

なるべく外での活動時間を増やす

(目標は1日2時間)

治療への参加や実費で受けられる

 

 

中島歯科 歯学博士 中島龍市院長より

頂いた資料です。

中島歯科 歯学博士 中島龍市院長

〒 812-0016

福岡市博多区博多駅南1丁目3の6

第3博多偕成ビル2階

TEL 092-441-3887

FAX 092-441-3890

 

【中島院長のお話しです】

4~5か月での早期の離乳食で起こるアレルギーマーチ

赤ちゃん 眼にあたる光に注意 特にLED

知りたい 聞きたい 歯の話 (母乳とカンガルーケア )

第5回 福岡歯科東洋医学研究会 発表原稿

AGE   終末糖化産物 について

 

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.