ブログ

ブログ一覧へ戻る

脳卒中 東洋医学の診断法 醫方集解

 

 

厚生省研究班の調査で 6月から8月が年間を通じて 

脳卒中の大部分を占める急性期の脳梗塞の発症が

多いことが明らかになったそうです

脳梗塞は6月から8月から増加する

日本脳卒中協会は毎年5月25日から31日を

「脳卒中週間」として啓発活動を行っているそうです

※木室ミヱ子

この調査は非常に納得がいきます。

身体に火照りタイプ (暑がりの人)がいます

このような方々が要注意です

筋肉が狭窄しやすいからです

その為に 血栓がはがれて血管に詰まったり

もともと 胃腸が弱い体質の人ですから

消化吸収力が弱い為 お肉もあまり食べない

結果 血管が弱く切れやすい体質の人が

この時期に当てはまる方です。

此れは木室ミヱ子が漢方の現場で感じ

醫方集解の著書に基づいて感じた個人的な考え方です

 

そこで

「醫方集解 考選部規定中醫師考試必讀  

清・清安汪訒庵編著」第一書店印行

上記は漢方医になるための必読書です。

北京語の古文体で記載されています。

 

 

脳卒中 症状判断方をご紹介します

 

凡そ 中風(脳卒中)にして 

 

●口が開くのは 心が絶える

●手が開くのは脾臓が絶えている

●目が閉じているのは肝臓が絶えている

●尿を漏らしているのは腎臓が絶えている

●いびきをしているのは肺臓が絶えている

●涎をはいて目が直視している 髪が真っすぐで頭が揺れる

顔が赤くて化粧しているみたい

●汗が続けて珠の如く流れるのはこれは皆治療できない

 

或いは只 1~2の症状しかない場合は

1または2しか症状が見られない場合は

なお 生きていくのを得られる

 

 

ラジオの過去放送分はこちらから

オータニ漢方薬局YouTube」で検索

血管の病気 

青い梅は中風(脳卒中)で口が開かない症状に使います

くも膜下出血 漢方薬服用60日分で体調が良く記憶力が戻ってきました。

脳挫傷、外傷性くも膜下出血 、 頭蓋骨泉門の開き

漢方薬60日分服用 脳幹梗塞改善お喜びのお声です。

高血圧・動脈硬化に効く薬膳料理 ヨクイニンとこんぶの卵スープ

漢方薬60日分で口唇炎と手で掴めるほどの静脈血栓が小さくなりびっくりです

くも膜下出血三途の川を泳いで帰って来ました。

脳梗塞の後遺症が漢方薬60日分で全て改善しました。

全身のむくみがとれ骨や血管の場所が分かるようになりました

脳内出血起こしやすい体質と予防法

結膜下出血発生 目の疲労が続きました。

漢方薬で手術は必要のない血管腫になっています。舌の血管腫1つと肝臓に2か所の血管腫

脳幹出血漢方薬で回復が早い 翌日しゃべれる手足が上がります。

脳幹出血3日目 アガリクスで一般病棟に移れました。

脳幹出血 7日間で退院回復です

左足切断 大量出血 骨、肉グシャグシャ 大型チェンソーによる大事故 命救ったタイミングリレー

脳卒中 半身不随 下半身完全麻痺 言語障害 空間無視と半盲 排尿、排便障害

脳卒中の後遺症 半身不随 下半身完全麻痺 言語障害 空間無視と半盲 排尿、排便障害

漢方薬 舌には病気のサイン  脳血管障害のシグナル

漢方薬 舌には病気のサイン  脳血管障害のシグナル 2

上唇の血管のつまり塊が漢方薬とアガリクスで消えた写真です。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2021木室ミヱコAllright Reserved.