ブログ

ブログ一覧へ戻る

ED勃起不全は漢方薬で改善 只今奥様は妊娠9か月です。

この処方の成分

勃起不全・勃起障害 インポの漢方薬は

「腎臓と肺臓が熱で 胃腸が冷えている人」

の成分内容です。

症状としては

足の裏が火照る 熱い

しかし 胃腸は冷えていると

言う人です

 

 

確かに

腎臓が熱ですと 骨は枯れて行きます

何故?

腎臓は骨を支配するからです。

 

肺臓が熱(火)ですと

体(上半身 肺臓の部分)が火照り暑がり体質となり

非常に汗かきとなります

汗をかき過ぎると 陽(気)を失うといいますし

熱は気を食べると言いますので

体の火照りは脱力感につながり

倦怠感で力が無くなります。

 

例えとして

風邪で高熱を出し翌朝は倦怠感と

なられた経験の方は多いはずですし

また 

微熱(午前の微熱 午後の微熱)がある方は

体が1日中だるいという事です

 

 

その上

肺臓は胃腸から気を受け取り

その気をエネルギーとして

水を作り 腎臓に水を与える

腎臓はその水で生きている臓器です。

 

肝臓に対しては

肝臓が火を出し過ぎない様に

肺臓が水を与えて 火を消す役割があります。

肺臓が肝臓の火を消す事ができなくなりますと

肝臓が各臓器に火をつけてしまう。

肺臓が肝臓に水を与えない事を

臓器の「まま子いじめ」と言います。

 

肝臓の火が旺盛になり

各臓器に火をつけると→

 全ての臓器の火を押さえきれない爲

体は異常に火照り→ 

汗を大量にかき過ぎるとなり→

汗をかきすぎると→ 

津液を失うとも言われています。

 

五臓六腑が津液を失いますと

干からびて乾燥する 痿(しな)える

爲に 全身の臓器が

しなえて力が弱くなると言われています。

 

また

胃腸が冷えていますと

衛と栄の気 気や血や津液や精力を

充分に 補う作る 

養う力が落ちていきます。

 

火照りで気や血を失う

 

その上

胃腸の弱体化で

栄養の供給網も力を失うのですから

体がへたり

勃起不全・勃起障害 インポとなるのは

納得のいく所です。

 

 

下記は勃起不全・勃起障害 インポ が治る処方の解説です

 

醫方集解(いほうしゅうかい)

考選部規定中醫師考試必讀

清・新安汪訒庵編著

 

に記載されています

北京語の古文体の翻訳です

文章が長い爲

一部 抜粋しています。

 

腎臓が虚(不足)で 

足の裏が熱っしている。 火照る。

爲に 足に力が無く 陰がしなえて

冷や汗を沢山かく

勃起不全(インポ)である

 

興奮しない

衝脈が上に衝動して呼吸が激しい

及び

下半身に邪の熱があって

口が乾いて便秘している

そういう場合は

腎臓の中に水と火があり

水が足りないと火だけが横行

火が強くなる爲 虚熱になる

 

肝臓と腎臓が虚

(足りなくなって湿と熱が下の方に溜まると

足と膝に無力感がでてくる)

そうすると

興奮しなくなり

勃起不全(インポ )となる

 

この処方は

足の小陰(腎臓)の薬なり

水(腎臓)は火(心臓)に勝つ

水(腎臓)が火(心臓)に負ける場合は

水(腎臓)を強くして火(心臓)を制する

 

苦く寒冷で 僅かに 辛がある品で

膀胱(相の火)の火を出す

それ以外に 腎臓の水の不足を補う

 

苦寒で滑るのは下痢する

それによって金(肺臓)を清めて火を下げる

肺臓の火を消すのは 重要ポイント

肺臓に火がある

腎臓の火を消すため

それ故に肺臓も清くなる

 

肺臓の火を下げ

腎臓の乾燥を潤い

滋養を与える

それによって

腎臓の經絡の気分に入る

これは水を補う良剤

結果 勃起不全(インポ)は治る

 

この漢方薬は非常に即効性です。

以前

化学物質過敏症の男性が

勃起不全(インポ)で困っているとの事

初めての この処方を試みてみました

その為に プレゼントとして7日分お渡ししましたが

1~2日分の服用で

彼は勃起不全(インポ)が治ったそうです。

 

また

第2例として 30代

身長 180㎝の立派な体格の方ですが

勃起不全(インポ)で ご夫婦間に

性行為がないと言う事で

この漢方薬(勃起不全・勃起障害・インポ)を7日分と

漢方の精力剤を30日分お渡ししました。

早々に妊娠しまして

現在(2022年3月3日) 

奥様は臨月

今月 3月には出産予定ですが

4月になるかもしれません

早生まれになる ならない

学年の境目です。

 

精力のブログです

60代糖尿病 オータニ漢方薬局の精力剤で精力が5年ぶり回復しました

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2022木室ミヱコAllright Reserved.