ブログ

ブログ一覧へ戻る

野良猫の咬み傷で急激に腫れた患部が漢方薬で翌日には完治しました。

当局の社員が

昨日 2017年6月7日(水曜日)

猫を捕まえようとして 捕まえたらガブッ

体長10㎝位の子猫 

車の往来が激しい道にいたので

捕まえて裏の道に逃がしてあげようとして

捕まえたら がぶっと 噛みつかれました。 

咬みつかれた瞬間 一瞬離したんですが

もう一度  挑戦して背中をつかまえたら

ものすごい勢いでひっくり返って

爪で引っかかれて がぶがぶ咬まれて

両手を負傷しました

右親指をがぶっ 

左で掴んだ時に ひっくり返った瞬間

左手の親指の付け根を咬まれ 

手全体を引っかかれながら 咬まれました。

右親指の穴がほげ出血 

その他の手の指も結構 血が出ました

指の血を絞り出して

患部を流水に当てて 血を押し出そうとして

ブーと 咬まれた患部が急に腫れて来ました。
その後 

木室ミエコ先生の漢方薬を服用しました。

3日分を 咬まれた直後10分で飲みました。

甘くておいしくて 美味しくて 

飲みたい飲みたい 薬が止まらない

1時間程で3日分を飲み干しました。

咬まれた所は 凄く腫れていたが 

薬を 1時間で飲んだ後は腫れも引いてきて 

痛みも少し治まりました。 

その時また 3日分頂いて 

その日

猫の咬み傷の毒素や腫れを取り除く漢方薬を

合計6日分 頂いた。

帰宅後服用 3-5包位から苦いと感じ 漢方薬をストップ

昨夜は 漢方薬服用後 

体が温かくなり  眠くなり 

朝まで ぐっすり眠れました。 

翌朝(2017年6月8日)

起床時は漢方薬は飲んでいません。 

昨日(6月7日)苦みを感じた為 

先生( 木室ミヱ子)に 服用していいのか確認してから

服用しようと思いました。

腫れも引いていた為

昨夜は熱も上がらず痛みも無く 腫れは殆んど引いていた
今日 出社して 

また 漢方薬3日分 頂いて2包み服用して 美味しい 

苦み感じないという状態 落ち着いている 

このまま治りそうな気がします。
野良猫には凄い強い 菌があるみたい 

むやみに捕まえないようにしましょう

 
自分は触りたくて捕まえたのではなく

車の往来が激しくて危ないから

移してあげようとおもったのですが 

逆に怖がらせてしまったようです。

 
今回 自分としては猫の咬み傷は

随分 良くなったと思っていたのですが

消毒薬を 昨夜 薬局に買いに行った時 

抗菌作用のある軟膏を塗って

明日 病院に行くようにと強く勧められました。  

でも 漢方薬でほぼ治しました。

本当に 木室ミエコ先生のつくる漢方薬は速攻性です。

野良猫ちゃんは気を付けましょう。

凄い 強い菌を持っています。

ネットでしらべたら 犬より 猫の方が感染率が高いと書かれていました。

※参考資料のブログはこちら※

とりあえず 整形外科に電話したら 毎日 消毒に来てください

状態をみて 飲み薬や塗り薬をその都度変えます。

それは 毎日来れないなら 他の病院にして下さい。

毎日 仕事があり  

毎日は行けないと答えたら 

他の皮膚科が外科に連絡しては如何ですか?

3日に1度でいいという所もあると思います

それは自分で探して下さいと言われました。

2週間程 猫の菌が潜伏するみたいで 

そのため 化膿した時に手遅れにならないようにしている為

毎日 状態を見せて欲しいと言われました。

 

野良猫は気を付けましょう。

今回の教訓です。

2年前は 銀杏の葉で 滑らない様気を付けましょうでした。

滑って骨折したんです。

その時も木室ミエコ先生の漢方薬で非常に治りが早かったです。

 

今回 犬の咬み傷に主薬という漢方薬を使用しました。

猫の咬み傷の主薬という漢方薬が無かったからですが

猫も犬も同じ様に効果が有りました。

 

噛まれた当日の写真を撮る事忘れていたが

2日目の指と手の平の写真です。

【右親指】

 

 

 

 

 

 

 

 

【左手の親指側手の平】

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2017木室ミヱコAllright Reserved.