ブログ

ブログ一覧へ戻る

慢性症状について

尋常性白斑改善の漢方薬でクローン病と潰瘍性大腸炎が治りました。

★N.Aさん 尋常性白斑   

尋常性白斑の治療として 

漢方薬を服用されている方です。

尋常性白斑の漢方薬を服用し

潰瘍性大腸炎とクローン病が改善されている方です。

 

47才 女性 熊本県

気持ちが穏やか ずーと下痢していた

5日に1回 酷い下痢していた  今はなし 

緊張しても下痢しない  

緊張する日は大便を5-6回して出かける 

意味なく下痢する 

下痢止めも胃腸科から貰っていたが

今は下痢止めが要らない 

来年(2018年)から 瘍性大腸炎に対する医療費助成制度が

変わり 軽い症状の人は医療費の助成が無くなります。

自分はそれです。

漢方薬で殆んど 潰瘍性大腸炎がなくなりよかったです。

  • 潰瘍性大腸炎 27才 産後からずーと下痢に悩まされていました。
  • クローン病
  • ピル服用

※木室ミエコ

【何故 尋常性白斑の漢方薬でクローン病と

潰瘍性大腸炎が治るのでしょうか?】

漢方の理論

●皮と毛は肺臓が支配する

●肺臓と大腸は表裏の関係にある   

肺臓が弱体化するから尋常性白斑が発生するのです

肺臓が弱体化しますと大腸も弱体化します

此れまでに尋常性白斑の方で 

クローン病や潰瘍性大腸炎を併発している方は彼女だけではありません

肺臓が熱を持ちますと 便秘と下痢が交互に出ます。

大きく改善方法は 肺臓の熱を取り除く事で大腸の病気は改善するのです。

 

【症状(主訴)】
 ●尋常性白斑 6月発生 7月から境目が広がってはっきりして来た

皮膚科紫外線治療; 飲み薬なし 1週間に1回 広がりました 
●潰瘍性大腸炎 27才 産後から
●クローン病
● ピル服用(20代後半一人生んで 妊娠を調整するため )

【医療機関の受診】
 ●皮膚科

【現在の薬】
 ●ペンタサ(消化器官用薬)
大腸粘膜の炎症を鎮め、炎症性細胞の活動を抑える作用があり、

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)(重症を除く)、

クローン病の治療に用いられます。

 

【漢方薬問診時の健康食品・サプリ】
 ●ビタミンC
 ●田七人参

【アレルギー情報】無

 

【問診時症状】

●尋常性白斑 6月発生 

7月ごろから広がって皮膚の境界線がはっきりして来た 

皮膚科紫外線治療 飲み薬なし 1週間に1回 広がりました 

熊本地震の後から体調が悪くなり 

2016/4月から急に発生 5-6月に急にできてきた  

 尿が少ない

  • 潰瘍性大腸炎(クローン病薬服用中) 27才 産後から

 

【医療機関の受診】●皮膚科

油物で下痢する 肉類を食べたくない(好き)

肉類で下痢する(多い) 

 過食する

 下痢しやすい

(普段は朝1回 過食で続けて5回行く 

腸を一晩休めると治まる 

緊張すると食べてなくても朝から4-5回下痢する)

 軟便しやすい 

潰瘍性大腸炎 下痢しやすい 痛み無 腸がゴロゴロ鳴る  

息苦しい(階段登れない 2階3階がきつい)

皮膚が弱い  

声がかすれて声が出なくなる 

鼻かぜで副鼻腔炎になる2-3年前から

 アザができやすい  肌が乾燥する

 ピル服用(20代後半一人生んで 妊娠を調整するため )

  飲み始め 胸が張った 27才から服用

 肩こり首こりがきつい(2-3日仕事がきついと)

 血圧値正常 

 夜中に起きる(1回  2時 3時)  11時寝る

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.