ブログ

ブログ一覧へ戻る

不眠の原因は筋の凝り・神経の高ぶり・体の火照り・胃ももたれ様々です。

 

東洋医学の考え方

不眠の原因は様々です。

●肝臓の高ぶりで神経が興奮して不眠

●肩凝り 首凝り 筋肉の張で不眠

●足のつりで眠るのが怖い

●皮膚病の痒みで不眠

●食べ過ぎて 胃もたれで不眠

●体が火照り 熱くて不眠

●頻尿や残尿感で不眠

●筋肉痛の痛みで不眠

●動悸や不整脈で不眠

●筋肉痛(セイン筋痛症 ALS)で不眠

等々原因は様々です

漢方薬は

不眠の原因が何なのかを掴み

原因を取り除く事で

深い質の良い眠りに導きます。

副交感神経が 

夜の12時からAM2時迄 2時間働きます

この

副交感神経が働く事で新しい細胞が出来上がり

病気を治すのです。

為に

病気が治る時には深い眠りに行きます

 

漢方薬を飲まれますと

昨日まで 不眠という方は店頭のソファーで寝てしまったり

ホテルや自宅に帰るなり 眠っていたとか

この1ヵ月間 食後はもう眠たくて眠たくて

でも

1ヵ月間眠った後 

不足していた 

睡眠時間を充分取り戻した後は

どんな忙しい睡眠時間 4時間という状況でも

頑張れていますと言われます。

 

昼間が眠いのは 深い眠りになっていない

浅い睡眠が原因です。

昼食後に眠くなりますし 

仕事中にも

運転中にも 酷い人の場合

仕事に支障をきたすほど眠いという方もおられます。

漢方薬には

全ての原因に合わせて改善する漢方薬が揃っています。

体が健康を取り戻しますと 体は

良質な睡眠を取り戻す事が出来ます

 

不眠の原因を掴み 

原因に取り組む事で

良質な眠りを取り戻す事が出来ます。

※睡眠薬や睡眠誘導剤を長期常用し

依存症になられている方の場合

快眠になるまでは時間がかかります

どれほどの期間がかかるのかは

ブログにそのような方々が登場していますので

参考にされて下さい。

睡眠薬や睡眠誘導剤の依存症の無い方は

早くで 1包みで眠くなられる方がおられます。

 

 

不眠

漢方の即効性に驚いています。浮腫み、冷え、不眠、動悸、肌の乾燥はかなり効いています。

不眠 食欲不振が改善されレトルト食が手作り食になりました

暗記力 記憶力 集中力強化の薬 不眠 寝つきが悪い 眠りが浅い時の薬即効性に驚きです。

漢方薬で鬱症が正常になり 食欲増進 快眠 体が軽いです

漢方薬で食欲旺盛 暗記力回復 不眠解消 鬱とパニックが改善しました

睡眠に問題 5人に1人 (日本経済新聞より)

シーズ犬 噛みつく不眠うろうろ 翌日漢方薬でぐっすり寝ています

0年来のデパスが漢方薬で3分の1量に減り飲酒の依存も過食もタバコも無しです。

パニック症状 デパス マイスリー お酒 漢方薬で克服 感謝のお手紙です。

睡眠 漢方薬で眠い

漢方胃腸薬のんで快眠、快食、体の調子がいい主人です。

不眠解消方法は太陽の光で朝早く起きる事です。スマホ モニターの光は不眠となります。

肝臓が原因の不眠 漢方薬で 3日分 1944円が好評です。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.