ブログ

ブログ一覧へ戻る

赤ちゃん おしゃぶり 指しゃぶり

 

令和の時代は此れまで 

隠蔽されてきた事が

次々に 世に出る時代と言われています

  2月10日月曜日の 

ラジオでは 中島院長と

1時間にわたり 午後1時半から2時半迄

これらの隠蔽されたお話しをしました。

 

著書に「歯原病」

神経を抜いた歯が引き起こす 

さまざまな全身の病気

様々な全身の病気は歯原病かもしれません

歯原病は隠蔽されてきたお話しです。

3Mix-MP法で日本でただ一人

 歯原病を徹底治療できる院長先生です

中島歯科開業(福岡市博多区博多駅南1-3-6)

歯学博士 中島龍市

中島院長から 

お教え頂いたおしゃぶり 指しゃぶりのお話しです。

 

【おしゃぶり 指しゃぶり】

おしゃぶり歯ならびが崩れるので使っては

いけないというのが 

小児歯科医療の定説であるが 

これは歯科医療のレベルが

昔のままで進歩していない事による

かつてのおしゃぶりは確かにそのような害があったが 

改良を重ねられた現在のものは

正しく使用すれば大きな効果を得られる

 

おしゃぶりの目的は口呼吸ではなく 

鼻呼吸を訓練して習慣化させる事にあり 

指しゃぶりを防ぎ精神的に落ちつかせる効果もある

1才位から4~5才まで使う 

年令に合わせた物を使って行く  

指しゃぶりは歯並びが悪くなったり 

衛生面で100%害があるので させてはいけない。

 

「三つ子の魂百まで」といわれるように 

できれば3才までは母親は子供を抱きしめて 

育ててほしい

精神的にも 安定した強い人間になっていく

以上 中島院長より頂いた資料です

 

 

中島歯科 歯学博士 中島龍市院長より

頂いた資料です。

中島歯科 歯学博士 中島龍市院長

〒 812-0016

福岡市博多区博多駅南1丁目3の6

第3博多偕成ビル2階

TEL 092-441-3887

FAX 092-441-3890

 

福島県の患者様より

院長のお話しとして ブログに掲載しました

院長の指しゃぶり の記事をご覧になられて

 

 自分は 本で指しゃぶりい必用という

知識を得て実行しましたし

離乳食も遅く 実行されそうですが

ガンガンに起こられたそうです

異常な程に 大怒りされて

現在 お子さんは14才と17才ですが 

今だにハッキリ覚えているそうです。

 

それだけに 院長の指しゃぶりと離乳食の

院長の記事に 深く深く 感動をし 

自分の育児法は正しかったと大喜びされていました。

 

【中島歯科院長のお話しです】

4~5か月での早期の離乳食で起こるアレルギーマーチ

赤ちゃん 眼にあたる光に注意 特にLED

知りたい 聞きたい 歯の話 (母乳とカンガルーケア )

第5回 福岡歯科東洋医学研究会 発表原稿

AGE   終末糖化産物 について

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.