ブログ

ブログ一覧へ戻る

耳鳴り原因知って治そう 日本経済新聞 ライフサポート

 

東洋医学の考え方です

腎臓の出入り口は腎臓です。

腎機能が低下しますと難聴となります。

腎臓の弱い体質の方は耳が遠いと言えます

しかし 胃腸は大変強い

腎臓を強化する事で耳は正常に戻ります。

 

一方

対照的な体質

昔は地獄耳でどんなに小さな音でも

聞こえていた人がいます

しかし

耳が聞こえない 難聴 耳が詰まる

突発性難聴になりやすい体質

胃腸のが弱く 腎臓の強い方の体質です。

胃腸に湿が有りますとその湿は上の頭を攻撃します

耳にその湿が溜まりますと

耳が詰まる 難聴 耳鳴りとなります。

胃腸の湿を取り除く事で

耳が詰まる 難聴 耳鳴りの症状は改善し

正常に戻りますと同時に

目眩や眼圧も正常に戻ります。

 

突発性難聴

突発性難聴が漢方薬46日分で殆んど解消されました。

突発性難聴の酷い症状が漢方薬67日分で無くなりました

子供の病気 急性中耳炎

突発性難聴が漢方薬46日分で殆んど解消されました。

耳鳴り、めまいに効く薬膳料理 金針菜(きんしんさい)入り肉餅

中耳炎の改善漢方薬で身長がグーンと伸びています。

漢方薬で身長が25%増 体重が32%増 喋れる 走れる 食べれます。中耳炎もすぐに正常です

漢方薬で体が軽くなり耳鳴りのウワンがなくなりました。

突発性難聴の酷い症状が漢方薬67日分で無くなりました

漢方薬では耳鳴りは肝臓の日が原因漢方薬には改善製剤があります

突発性難聴の酷い症状が漢方薬67日分で無くなりました

 

 

ライフサポート

日本経済新聞  2020年2月5日(水)

耳鳴り 原因知って治そう

難聴→無理に聞こうと脳が興奮

意識しすぎず/補聴器で訓練

人口の15~20%が「感じた事がある」とされる耳鳴り。

そのうちの5人に一人が 耳鳴りに苦痛を

感じて医療機関を訪れるという。

その診療の「指針」として 日本聴覚医学会は

2019年に「耳鳴り診療ガイドライン」を発刊した。

耳鼻咽喉科のみならず精神科などの専門家が3年をかけて1300以上の論文を検証し 「どのような診断法、治療法が推奨できるかという診療の道筋を示した」

とりまとめ役となった慶応大医学部の

小川郁教授は説明する。

ガイドラインでは、耳鳴りに苦痛、

日常生活の支障や不安などを点数化して客観的に測るための「質問シート」の活用を示した。

また、

効果的な治療として耳鳴り患者の9割以上に

見られる難聴の改善のための補聴器などを使った 

「音響療法」をあげた。

ガイドラインによって診療のベースができたことで、

「患者側も納得するのでは」と小川教授。

同学会は耳鼻咽喉科の医師を対象としたカウンセリングの教育なども開始している。

以上 日本経済新聞の記事より

 

 

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.