ブログ

ブログ一覧へ戻る

歯周病 プラーク 中島歯科院長のお話しです。

 

著書に「歯原病」

神経を抜いた歯が引き起こす 

さまざまな全身の病気

様々な全身の病気は歯原病かもしれません

歯原病は隠蔽されてきたお話しです。

3Mix-MP法で日本でただ一人

歯原病を徹底治療できる院長先生です

〒812-0016

福岡市博多区博多駅南1丁目3の6

第3博多偕成ビル2階

歯学博士 中島龍市

中島歯科医院

TEL:092-441-3887

FAX:092-441-3890

歯原病についてご相談の方は

お電話相談されると宜しいですよ

院長は誠実で 医療においては

徹底的に治療して下さる

紳士な方です。

下記は中島院長より頂いた資料です。

 

 

【歯周病】

100%細菌感染である。 

歯間(歯と歯の間)を毎日、フロス

(フロスは「虫歯」の予防にも絶大な効果をもたらす)、

歯間ブラシで綺麗に清掃することが重要である。

洗口剤も有効である。

バランスのとれた食事が大事である。

歯周病が動脈硬化をおこし 脳梗塞・心筋梗塞の原因となり、糖尿病を悪化させ、低体重児の出産や全身の病気を

引き起こすことは常識となっている。

 

【プラーク】

プラークとは歯垢(しこう)のことであり、

天文学的な数の細菌の集合体である。 

これがバイオフィルムを形成して歯面に頑固に付着しており、

簡単に除去できないものとなっている。

この細菌が虫歯を作り歯周病をひきおこす。

故に歯面にプラークが付着していない状態を保つ事が

大切である。

 

口腔内の細菌と時間の関係

 

 

 

 

 

 

口腔内の細菌は時間と共に急速に一直線に増えて、

24時間でむし歯を作る危険域にまで達する。

24時間以内にプラークを除いていくと、

細菌が危険域を超えないので

虫歯・歯周病を作らない事になる。

よって24時間以内に1回は

歯ブラシ、フロス、歯間ブラシを使って

歯面を徹底的に磨く事が大切である。

 

虫歯の80%は歯と歯が接触しているところに発生する。

(コンタクトカリエス)で特に

歯間部のプラーク除去は重要である。

24時間に1回はフロス、又はフロスと

歯間ブラシを使ってプラークを除去しなければならない。

これは常識である。

小学校の高学年からフロスをするのが理想である。

 

【中島院長のお話しです】

 

歯の矯正 子供の虫歯 むし歯の治療 歯の構造

歯原病治療法 3Mix-MP法とは抗生剤を使用します。

隠蔽(いんぺい)されて来た歯原病のお話しです。

歯原病は隠蔽されて来た治療法です

赤ちゃん おしゃぶり 指しゃぶり

4~5か月での早期の離乳食で起こるアレルギーマーチ

4~5か月での早期の離乳食で起こるアレルギーマーチ

赤ちゃん 眼にあたる光に注意 特にLED

知りたい 聞きたい 歯の話 (母乳とカンガルーケア )

AGE   終末糖化産物 について

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.