ブログ

ブログ一覧へ戻る

歯の矯正 子供の虫歯 むし歯の治療 歯の構造

令和の時代は此れまで 

隠蔽されてきた事が

次々に 世に出る時代と言われています

 2月10日月曜日の 

ラジオでは 中島院長と

1時間にわたり 午後1時半から2時半迄

これらの隠蔽されたお話しをしました。

著書に「歯原病」

神経を抜いた歯が引き起こす 

さまざまな全身の病気

様々な全身の病気は歯原病かもしれません

歯原病は隠蔽されてきたお話しです。

3Mix-MP法で日本でただ一人

歯原病を徹底治療できる院長先生です

〒 812-0016

福岡市博多区博多駅南1丁目3の6

第3博多偕成ビル2階

歯学博士 中島龍市

中島歯科医院

TEL:092-441-3887

FAX:092-441-3890

歯原病についてご相談の方は

お電話相談されると宜しいですよ

院長は誠実で 医療においては

徹底的に治療して下さる

紳士な方です。

下記は中島院長より頂いた資料です。

 

【歯の矯正 】

小さな矯正は小学校の時、

本格的な矯正は 中学校くらいから始める

 

 

【子供の虫歯 】

子供のムシ歯は 100%親の責任である。

歯のクリーニングを行う。

おやつの与え方(駄菓子を与えない、砂糖を与えない等)

に注意する。

果物、手作りのおやつなどがよい。

シーラントの処置。フッ素の利用。

 

 

【むし歯の治療 】

できるだけ 早めに治療を行う。

できるだけ歯の神経を抜かない。

その為には6か月ごと 

或いは1年ごとの定期健診が重要である。

 

【歯の構造】

歯の構造からみると 歯は殆どが象牙質でできている。

象牙質は直径 0.8~2.2μ(ミクロン)

の象牙細管の集合体である。 

単歯根(歯の根っこが一つの歯)では、

この象牙細管をつなぎ合わせると4.8㎞もの長さとなる。

永久歯は誕生時から8才までに作られる。

この間の食事の内容が非常に大切である。

歯は新陳代謝していないので、

硬い歯は一生硬い歯のまま、柔らかいい歯は一生柔らかい歯のままである。

母親が硬い歯を子供にプレゼントする

とのイメージをもつこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中島歯科院長のお話し

歯原病治療法 3Mix-MP法とは抗生剤を使用します。

隠蔽(いんぺい)されて来た歯原病のお話しです。

赤ちゃん おしゃぶり 指しゃぶり

4~5か月での早期の離乳食で起こるアレルギーマーチ

赤ちゃん 眼にあたる光に注意 特にLED

知りたい 聞きたい 歯の話 (母乳とカンガルーケア )

第5回 福岡歯科東洋医学研究会 発表原稿

AGE   終末糖化産物 について

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.