ブログ

ブログ一覧へ戻る

痛みで食事もできない程の掌蹠膿疱症が漢方薬7日分で改善写真です。

 

64歳  男性 茨城県

掌蹠膿疱症兼体質改善薬 7日分 4536円

イオウ軟膏 50G入り  3109円

使用結果です

 

昨日(2019年2月26日)

奥様がお話し下さいました。 

掌蹠膿疱症

2018年11月3日に掌蹠膿疱症が発症 

始めは 水泡が3~4つできて 

3-4日で アッと言う間に

手全体にできました。

スマートホンを作る仕事をしています

我慢できなくて 

2週間酷くて あちこち 病院行っても

どうにもならないまま 

痛みが酷くて 食事ができない 

食べ物を飲み込むのも辛い

最初 咽喉が痛いから スタート

扁桃腺や風邪かなと言っていたら 

その後 手のひらにガバッと湿疹が出てきました。

寝てても痛い 

手のひらの膿を含んだ水泡が破裂し 

その後も 手のひらが

水泡の化膿破裂を繰り返してきた。 

漢方薬服用前

痒み止めのヘルジア尿素の軟膏を塗ったが 

痒みは 2日間は効くがその後は効かない

酷くて10日間  入院 

ウイルスも菌も無いと言う事で退院 

その後も水泡の化膿と破裂を 繰り返し 

最初は痛みで仕事休み 

ベットで1日中寝ていました。

 

漢方薬服用前は痛みで手も握れない 

膿出して 病院に何度も行った 

イクラ見たいな粒々ができると 

剥(む)けて ひび割れる

ワセリンつけて 潤うと良いが 

そのあと乾燥すると 手の皮がむけて 悪化する

 

漢方薬を1週間服用して 

背中の火照りが無くなり

今は手のひらの痛みは10分の1に激減

 

以前 15年前

尋常性白斑をオータニ漢方薬局の

木室先生に治して頂きました。  

写真を撮って送信し

漢方薬服用して 1か月半位から 

ぐんぐん白斑の白の色が抜けて 

今だに白斑は発症していない

漢方薬服用前は 皮膚科に行っても

ステロイドしかなく 原因不明と言われ

ネットで娘が尋常性白斑で検索 

オータニ漢方を見つけて治して頂きました。 

現在 漢方薬服用して食欲旺盛 大便が改善 

たばこの本数も減っています。

1日20本吸っていました。 

【症状(主訴)】
掌蹠膿疱症

【漢方薬服用前の薬】
●ハクショクワセリン
【健康食品・サプリ】
●ビタミンC 効果無し 飲んだ方が良いですか?
●ビオチン
【アレルギー情報】無

 

2019年2月20日  試薬結果

試薬 A~ D

どれも変わらないが、

Aは甘く感じ、

Bは少し苦く感じた。

基本はどれも飲みやすかった。

 

※木室ミヱ子

何度も 手のひらの膿の化膿を繰り返すのは

体内の毒素が原因です。

舌の裏の静脈血管が体内の毒素の量を証明しています。

毒素抜きの量を掴むために 

2019年2月15日 A~Dまで

 4種類 試薬をお送りして

服用して頂きました。

 

 

毒素抜き 最高量 100%のAが飲みやすいと言われ

Aを試しに 

掌蹠膿疱症兼体質改善薬(A)7日間4536円と

        イオウ軟膏50G 3109円を

             お送りしました。

結果は 写真の如くです。

お顔が肉付きが良くなり 

以前は かぼそいお顔でしたが

7日分服用されて 

お顔が恰幅の良い 

貫禄のあるお顔に変身です。

 

【20190214漢方薬服用前右手の甲】

【20190214漢方薬服用前両手平】

【20190214漢方薬服用前右手の平】

【20190225漢方薬服用1週間後左手平】

漢方薬7日分服用結果です。

 

【20190225漢方薬服用1週間後右手平】

漢方薬7日分服用結果です。

 

【20190225漢方薬服用1週間後両手甲】

漢方薬7日分服用結果です。

 

 

 

 

 

【20190214漢方薬服用前舌表】

【20190225漢方薬服用1週間後舌表】

【20190214漢方薬服用前舌裏】

【20190225漢方薬服用1週間後舌裏】

舌の裏の静脈血管の写真をお送り頂いているのですが

未だ 黒く出そうな 気配がしました。

その為 試薬をお送りしました。

やはり そうでした

毒素叩き 100%の漢方薬ですので

手が改善された分 舌の裏の静脈血管も薄くなる筈ですが

2月25日の写真は

逆に舌の裏の先端まで 黒さが増えて盛り上がっています。

やはり 始めの2月14日にお送り頂いた舌の裏の写真は

充分に最高量まで静脈血管が出ていないと考えられます。

試薬をお送りして正解でした。

舌の裏は上にあげて すぐに黒々しく出る(30~40秒)時期と

暫く時間(1分以上)をかけないと 

充分に上がりきらない時期あります。

 

 

※木室ミヱ子

まだまだ 黒い静脈血管が舌の先端迄伸びています

この黒い静脈血管の色が消えてこそ

掌蹠膿疱症の再発が止まります。

浅い部分(皮膚 粘膜)の毒素抜き 

深い部分の毒素抜き(五臓六腑)

瘀血(古い血 死んだ血)

を取り除く処方です。

 

 この黒い静脈血管は

皮膚病だけの問題ではない事を

教えています。

皮膚は内臓の表れです。

出し切らない毒素が体内に有るのです。

毒素は体に熱を発生させます

火照るのです。

火照りは体が脱力感となりますし

水分を飛ばすため 肌が乾燥

筋も乾燥となります。

筋肉が萎縮 縮むとなります。

 

何故?

熱は気を食べる

例として インフルエンザで高熱を

出した後は脱力感になります。

 

熱は体内の水分を飛ばします。

皮膚が乾燥すれば 皮膚病

筋肉に行けば 筋肉が乾燥

萎縮して 筋の凝り 筋肉の痛みとなり

体が曲がる 背中が曲がる 肩が曲がる

体が歪むとなります。

気が不足しますと

気は消化力 消化吸収力する原動力ですので

胃腸虚弱となりますし

気は免疫力 生命力 抵抗力です。

気が不足すると鬼を見ると言い

気の不足は精紳の不安定にもつながります

 

今 掌蹠膿疱症として服用されている漢方薬は

それらの全ての症状を改善する漢方薬なのです。

昨日(2019年2月27日

 掌蹠膿疱症兼体質改善薬を30日分 19440円

お送り致しました。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.