ブログ

ブログ一覧へ戻る

人工授精 体外受精 幼少時の西洋薬治療がADHD LD チックが多い原因?

2010年8月17日  33歳 奈良県

「妊娠中に漢方薬服用で首の座りが早く強い体の赤ちゃんです。」

2010年10月9日 28歳 大分県

「赤ちゃんの不育症は 漢方薬で予防できます。」

西洋薬を扱っていた時は気づかなかった事です。

漢方薬を扱う様になり

ADHD(注意欠陥多動性障害)

LD(学習障害)、

自閉症

チック

発達障害

等々は 人工授精や 体外受精での

出産が原因ではと思う事が多々あります。

 

また

そのような 出産の仕方をしていなくても

妊娠中にお母さまが貧血をしていたお子さんは

兄弟二人して 

不登校 で学校に行けない男の子がいました。

 

 

漢方薬の考え方として

妊娠中は妊婦さんは 

服用しなければならない漢方薬が有ります。

母胎と胎児に血を与え 

妊娠中は体が火照る為 

体熱を取り除いてあげる 

漢方薬を妊娠してから 7ヵ月頃まで服用します。

妊娠中の補薬 7日分 4536円です

 

妊娠8~9ヵ月以降は

お腹の皮がパンパンに張り 子宮頚管が引っ張られて

短くならないように 切迫流産しないように 

血を補いながら 

妊婦のお腹の皮が張らないような

漢方薬を服用しなければなりません。

お腹の皮張り予防兼妊娠中の補薬 7日分 4536円です

 

出産後は

瘀血(死んだ血 古い血)が必ず発生します。

これは流産においても同じです

瘀血が発生します。

出産後や流産後 堕胎後は瘀血を

取り除いて

新血(新しい血)を生み

子宮収縮をする 漢方薬を服用しなければなりません

産後薬 7日分 4536円です

 

何故?

産後薬が必要なのでしょうか?

瘀血があると 新血(新しい血)が生まれない為

産後の具合の悪さに繋がるのです

 

また

妊娠中は 風邪薬も一般の人と大きく異なります。

一般の人は 風邪時には 血や気を補う漢方薬は

一切 服用してはいけません

血や気を補う漢方薬は 

風邪を助長させるエネルギーになるからです。

 

妊娠中の方の風邪薬は 風邪を解く 治す剤は20%

後の80%は血を補う 

母体に血を与える漢方薬なのです。

 

漢方薬だからと言って 

麻黄湯や桂枝湯や葛根湯等々を服用してはいけません。

妊娠中の風邪兼不調の漢方薬 7日分 4536円

 

 

妊娠する為にホルモン剤を使用し 体外受精する。

経験された方々は体はきついと言われます。

へとへとの体で妊娠すれば

赤ちゃん迄充分な栄養を与える事が出来るでしょうか?

不育症等も血や虚が原因で発生します。

 

 

 

ADHD(注意欠陥多動性障害)LD(学習障害)、自閉症

チック  発達障害 等でご来局される 

お子さんは殆ど胃腸が弱い。

胃腸を強化して 消化力を強化 消化吸収力を強化して

血や気を作れる体に戻してあげますと

脳に充分は栄養が届いたみたいで

異常な行動も改善

感情のコントロールもできる

成績も学年や学級でトップに上がるお子さんが多いのです。

 

何故でしょうか?

胃腸の弱い人は 腎臓が強い体質です

腎臓は骨髄(骨)を支配し 大脳に繋がります。

その為 腎臓の強い人は 

暗記力記憶力が非常に強いのです。

 

 

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.