ブログ

ブログ一覧へ戻る

傅青主男女科 東洋医学での不妊の原因と治療法です。

 

 

 

 

胎盤が下で子宮が固い 切迫流産の危険 漢方薬で改善です。

漢方薬で間質性膀胱炎・不妊 子宮筋腫・多嚢胞性卵巣・黄体機能不全が妊娠7ヶ月です

 

妊娠中の風邪薬 つわり 妊娠中毒症 むくみ 便秘 腹痛 産後の薬

出産をしやすくする漢方薬と漢方薬服用しての出産までの経過報告

妊娠したい、左右の卵管癒着で痛み、漢方薬1包服用して、翌朝には癒着の痛みがありません

子宮内膜症、卵巣の癒着、子宮後屈が漢方薬で改善され妊娠しました。

39歳の方、漢方薬14日分服用で妊娠しました。

2008年9月30日 35歳

「35歳、子宮内膜症、卵巣の癒着、子宮後屈、腸下睡、粉瘤腫が漢方薬で改善され、健康な女児を出産しました。」

2009年10月10日 32歳 福岡県

「妊娠中の体調不良が漢方薬服用で改善した方より感謝のメール頂きました。」

2010年1月19日 33歳 岡山県

「子宮内膜症が有りますが、漢方薬1か月分程の服用で妊娠しました。」

2010年11月13日  34歳 福岡県

「子宮筋腫・子宮内膜症で不妊が漢方薬12日分で妊娠しました」

2011年7月28日 40才 兵庫県

「子宮筋腫3つ 子宮内膜症2か所 人工授精3回失敗後 漢方薬60日分で双子を出産しました」

2011年8月31日 36歳 京都府

「漢方薬で流産を回避 無事 女児を出産しました。」

2011年10月26日 東京都

「妊娠7か月 怒りで赤ちゃんが流産の危険 漢方薬で回避できました」

2012年2月20日 35才 東京都

「逆子(胎児7~8か月)が漢方薬2日分で正常な形に戻りました。」

2012年3月6日 23才 大分県

「産後の鬱 体調不良が漢方薬で改善感謝のメールを頂きました」

2012年3月7日 35才 東京都

「漢方薬服用で出産と子育てが大変楽です」

2012年6月14日 33才 福岡県

「チョコレート膿腫が漢方薬で改善し出産2児の流産も漢方薬で回避できました。」

2012年6月30日 32歳 佐賀県

「稽留流産後子宮内膜症の改善漢方薬90日で妊娠しました。」

2012年10月27日 31歳 福岡県

「漢方薬42日分で妊娠しました 早すぎる!びっくりです!」

 

2013年2月19日 42才 福岡県

「42歳人工授精3回体外受精7~8回不妊治療中 漢方薬で妊娠しました」

 

2013年8月24日 37才 広島県

「オータニ仙人丸で妊娠太りと産後の寝たきりが解消です。」

2013年9月27日 38歳 広島県

「妊娠中漢方薬を服用した子は大変育てやすい 体が楽です。」

2015年7月13日 38歳 長野県

「体外受精5回 漢方薬と仙人丸で自然妊娠 妊娠反応あり 胎嚢確認待ちです」

2015年7月14日 長野県 38歳

「体外受精5回失敗仙人丸と漢方薬で自然妊娠 赤ちゃんの心拍確認できました」

2015年8月4日 長野県 39歳

「体外受精5回失敗漢方薬と仙人丸で赤ちゃん順調母子手帳を貰います。」

2015年9月28日 長崎県 38歳

「逆子が漢方薬4包のみで正常の位置に戻りました。」

2015年9月29日 埼玉県 32才

「漢方薬服用で子宮筋腫3.3㎝ありながらに 妊娠しました。」

2015年10月20日千葉県 35才

「漢方薬服用子宮筋腫ありで妊娠 逆児も漢方薬3包で元の位置です」

2015年10月22日 福岡県 36才

「漢方薬で2人目は60日分 3人目は30日分で妊娠しました」

2015年10月23日 埼玉県 32才

「子宮筋腫・細胞異型性(頸がんの疑い)を漢方薬服用で妊娠しました

 

2016年3月5日 福岡県 23歳

「出産後 体調不良で去年2011年12月5日に来局されました」

2016年3月8日 長野県 39才

「昨日赤ちゃんの出産報告 2名ありました。不妊でお悩みの方達でした。」

2016年3月10日 福岡県 31才

「昨日もまた(2016年3月9日)漢方薬服用で妊娠報告がありました」

2016年4月7日 千葉県 35才

「不妊治療漢方薬服用で生まれた赤ちゃん ご主人の変わりように驚いています.」

2016年6月27日 埼玉県 33才

「漢方薬で子宮筋腫・子宮頸がんが改善され女の子出産しました。」

2017年12月8日

妊娠6か月で右足に静脈瘤 漢方薬服用第二子破水から2時間後に出産です。

2018年4月12日 長野県 36才

「子宮筋腫・脅迫障害・高プロラクチン血性排卵障害・高プロラクチン血性下垂体腺腫で不妊症が漢方薬180日分服用で妊娠しました。」

2018年8月1日 福岡県 29才

「タイミング療法8回・卵管造影2回・人工授精2回不妊が 漢方薬42日分で妊娠しました。」

2018年11月28日  群馬県 37才

「漢方薬のおかげで妊娠中の血糖値も下がり 入院回避でき出産が楽でした。」

 

あぶない高齢出産:後編 「不妊治療大国ニッポン」 出生率は先進国最低~治療回数はダントツ世界一なのに・・・~

39歳の方、漢方薬14日分服用で妊娠しました。

漢方薬で育った子が春の選抜甲子園大会に選手として出場します。

妊娠7ヶ月腎臓の酷い痛みと口の渇きが漢方薬1包で消えました。

39歳の方、漢方薬14日分服用で妊娠しました。

剥脱性口唇炎の漢方薬90日分服用で今妊娠2カ月目です。

口唇炎兼妊娠中の漢方薬で激しいつわりが激減です。

間質性膀胱炎が漢方薬で改善し出産しました

病院で不妊治療10回失敗後漢方薬48日分で妊娠しました。

妊娠7か月 怒りで赤ちゃんが流産の危険 漢方薬で回避できました

不妊原因「卵子の老化」が約半数 NHK調査報道

妊娠中間質性膀胱炎の痛みが漢方薬5日分で随分楽になりました。

あぶない高齢出産:後編 「不妊治療大国ニッポン」 出生率は先進国最低~治療回数はダントツ世界一なのに・・・~

妊娠中の口が渇いて咽喉が痛む 肝臓に入った風邪も同時にあります

妊娠中の不調 漢方薬で即効改善です

7か月の胎児 癇癪 服用2日目ミルクを割と飲んでくれます。

漢方薬で妊娠中の間質性膀胱炎の痛みが59%取れました

妊娠中や産後は母体と胎児の為に服用しなければならない漢方薬があります

妊娠を控えている女性の方の心得と 漢方薬は妊娠中の不調に対応できます

妊娠中の補薬 風邪薬 つわり薬 産後の漢方薬あるのを知らんかった。

不妊にステロイド服用 指導の病院に驚いています

 

2018年4月28日

妊娠できない体には女性 男性 それぞれに原因があり取り組む事で妊娠に繋がります。

2018年9月19日

妊産婦の自殺 産後鬱などが原因 日経新聞 

2018年10月9日

胎盤が下で子宮が固い 切迫流産の危険 漢方薬で改善です

2018年10月19日

出産後回転ずし食べてひりひり痛い赤い湿疹が漢方薬で翌日取れました

2018年11月28日

漢方薬のおかげで妊娠中の血糖値も下がり 入院回避でき出産が楽でした。

 

出産をしやすくする漢方薬と漢方薬服用しての出産までの経過報告

 

妊娠したい、左右の卵管癒着で痛み、漢方薬1包服用して、翌朝には癒着の痛みがありません

 

不妊原因「卵子の老化」が約半数 NHK調査報道

 

繰り返し流産・死産 不育症 は漢方薬で改善され出産されています。

妊娠中は胎児と母体に血を与える事が一番重要

 

 

 

東洋医学には 男女の専門書が有ります。

傅青主男女科 (ふせいしゅだんじょか)という著書です。

北京語の古文体で記載されています。

この中に 女性の不妊治療法

原因と治療法を記載しています。

原因も治療法も 東洋医学を

しっかり 

勉強していなければ 理解できません。

いつも 患者さんの病気と向き合っている

産婦人科の先生は理解できるのではないでしょうか?

この著書の中には

女科門では 調經門(女性の生理)

生理の不調を治すにも 下記の様に

沢山の症状に分かれます。

【調經門(女性の生理)】

經水先期(生理が早く来て生理の量が多い )

 

●經水後期

(生理が早く来て生理の量が少ない 1点 2点 )

 

●經水先後無定期

(生理が早くなったり 遅くなったり定まらない)

 

●經水忽斷忽來寒熱往来

(生理が来たり止まったり 寒と熱が往来)

 

●經水行後復行

(生理が来た後 再び来る 生理の量が多い)

 

●經水數月一行(生理が数か月に1回来る)

 

●經水未來腹先疼(生理の前に腹痛)

 

●經後少腹疼痛

(生理の後 脇腹の辺り子宮が痛む)

 

●經水將來臍下先疼痛

(生理の2-3日前に臍の下が痛む刀で刺す如し)

 

●經前吐血

(生理の1~2日前に突然腹痛して吐血する)

 

●經前大便下血(生理の1日前に血便する)

 

●經前洩水(生理の前水が1~2日洩れる)

 

●年老經水復行(閉経後生理が再び来る)

 

●年未老經水斷

(閉経時期になっていないのに生理が来ない)

 

生理だけでも 14項目に分かれます。

西洋医学は全て ピルで片付けようとしますが

漢方薬はそれぞれの原因に応じて薬が異なります。

 

 

【不妊】

●体が痩せて妊娠しない

原因:血が虚  

治療法:大きく腎臓の水を補う而して肝木を平和にする 

 

●体が痞満で妊娠しない 

原因:湿が盛んで気が虚  

治療法:水を出して痰を化して

急いで脾臓と胃腸を補い陽気を旺盛にする

 

●体が虚弱で妊娠しない;

原因:腎臓の気が不足  

治療法:腎臓を補う兼ねて脾臓と胃を補う

 

●虚の寒冷で妊娠しない

消化不良で胸が膨満感吐き気・下痢する  

原因:脾臓と胃腸が虚寒  

治療法:腎臓と命門と心包絡の火を補う 

以て脾臓と胃腸の2經を温め

 

●腰が痛んで腹部に膨満感があり妊娠しない

長時間座れないし 長時間立てない  

原因:任督の因が疲れている  

治療法:疝瘕を除いて さらにその任督を補う

 

●尿と大便が渋り 出なくて腹部が

膨張して足が浮腫んで妊娠しない

原因:膀胱に気が化しない  

治療法;腎臓の水を壮にして胞胎の湿を取る

 

●骨が蒸して夜が熱く妊娠しない 

全身が火の如くも得るみたい

原因:虚の火が旺盛  

治療法:先に腎臓の陰を補う

その後 骨の中の熱を清める必ず

 

●脇腹が緊迫して伸びないその為生育できない  

原因;胃腸と脾臓の気が不利  

治療法:脾臓と胃腸の気を補う

 

●冷え性で氷の如く冷たい 温まる火が無い

原因:心臓と腎臓の二つの火が衰えて微か  

治療法:心臓と腎臓の二つの火を補う

 

●嫉妬で不妊

原因:肝臓の気の欝で伸びない為

心臓と腎臓が交わらない 

治療法:肝臓の欝を解いて  

三經(肝臓 心臓 腎臓)の気を通じさせる

 

【その他】

●崩漏門(生理の多量出血)

7項目の症状が有ります。

 

●帯下門 (オリモノ)5項目の症状が有ります。

緑色のオリモノ(肝臓の弱体化)

赤色のオリモノ(心臓の弱体化)

黄色のオリモノ(胃腸の弱体化)

白色のオリモノ(肺臓の弱体化)

黒色のオリモノ(腎臓の弱体化)

 

●妊娠門 12項目の症状が有ります。

 

●小産門 5項目の症状が有ります。

●臨産門 10項目の症状が有ります。

●産後門  12項目の症状が有ります。

 

漢方薬は非常に症状を細かく 分析し

それぞれの症状に合った

 漢方薬が揃っています。

 

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.