ブログ

ブログ一覧へ戻る

精神疲労を改善する薬膳料理 欝症状は臓器を正常化する事で改善しています。

 

 

漢方薬は味で効能効果を掴みます。

料理は医食同源です。 

酸っぱい味は筋肉を引き締める   肝臓は病むと酸を好む

苦い味は 熱を取る 毒を出す   心臓は病むと苦い味を好む

甘い味は緊張や痛みを止める    胃腸が病むと甘い味を好む

辛い味は汗を出し発汗させる    肺臓が病むと辛い味を好む

塩分は硬い物を軟らかくする    腎臓が病むと塩分を好む

それぞれに味で臓器を立て直すのですが

食べ過ぎは害となります。

酸の味の 食べ過ぎは→ タコ アカぎれを起こす

苦い味の 食べ過ぎは→肌がシワシワになり髪が抜ける

甘い味の 食べ過ぎは→骨が痛んで髪が抜ける

辛い味  食べ過ぎは→筋と爪が急になり枯れる

塩の味の 食べ過ぎは→血が固まり色が変色する

 

【精神疲労】—–鶏肉の菊花炒め—–菊花炒鶏片(ジュホワチャオジーピエン)

■薬味薬性

菊花の味は甘微寒で 肺臓 肝臓經に入る。

卵白は甘平で肺臓 大腸經に入る。

鶏肉は甘温で脾臓 胃腸 肝臓經に入る。

 

■効能

菊花は肝機能を調整すると同時に

炎症を治める働きがある為 

目の炎症や視力低下 頭痛 眩暈と

いった症状の改善に効果があり、

また 

腰痛や関節痛を鎮める作用もある。

菊花の中でも

白色も物は特に毛髪に栄養を与え 

色艶を良くすると言われている。

菊花と鶏肉を合わせたこの料理は、

肝機能を増進し、視力減退を防ぎ 

かつ鎮静作用が期待できる。

 

◇このような方にお勧めです。

①元気がない 

気持ちがイライラする視力減退 

めまい 不眠などでお悩みの方。

②慢性肝炎の方

③高血圧症の治療補助として。

 

【精神疲労】—–鶏肉のワンタンの茯苓煮—–(フーリンジーロウホントン)

■薬味薬性

茯苓は甘平で心臓 肺臓 胃腸 腎臓經に入る

鶏肉は甘温で脾臓 胃腸 肝臓經に入る

■効能

茯苓は水分代謝機能を活発にして

体内に滞る不要な水分を除く作用、

消化器系の機能を高める作用などがあり、

浮腫みや排尿困難 下痢 

その他 体内における 

水液の停滞に伴う症状を改善する。

また 

精神を安定させ 

動悸や不眠を解消する効果もある。

 

◇このような方にお勧めです。

①吐き気やしゃっくり 

消化不良といった症状のある方 

特にお年寄り

②排尿困難でお悩みの方

③体が衰弱している浮腫み 

下痢などのある方

④神経衰弱の治療補助に

 

【精神疲労】—–五目揚げ団子—–百果玫瑰球(パイゴーメイクイチュー)

■薬味薬性

クルミの味は甘平で腎臓 肺臓經に入る。

棗(なつめ)は甘平で脾臓、胃腸經に入る。

青梅は酸平で、肝臓、脾臓 肺臓 大腸經に入る。

蓮子は甘平で心臓 脾臓 腎臓經に入る。

玫瑰は 辛平で肝臓 脾臓經に入る。

卵白は甘平で、肺臓 大腸經に入る。

豚の脂肪は甘微寒で脾臓 胃腸經に入り

タンパク質脂肪などを多く服む。

※玫瑰糖

ハマナス (バラ科)の花の砂糖漬け

無ければ他のジャム類で代用してよい。

■効能

クルミは呼吸器系機能を促進し、

咳や痰を抑えるとともに、

腎機能を高める効果がある。

なつめは 血液成分を補給して 

精神を安定させる作用、

体を滋養する作用などがある。

かぼちゃの種はタンパク質やビタミンA、Bなどを、

他のうり類の種子よりも多く含む。

こういった材料を合わせたこの菓子は

胃腸の消化吸収を促進し、

かつ呼吸器系の働きを活発にする事で、

咳 喘息といった症状の改善に効果がある。

従って全身を滋養する優れた働きを期待できる

◇このような方にお勧めです。

①肺結核 気管支喘息 慢性気管支炎の方。

②胃腸が弱い、 体が疲れやすい 

気持ちがイライラする、夜眠れないなどでお悩みの方。

③滋養強壮に。

※ 漢方製剤の党参 棗は

生薬販売の漢方薬屋さんで購入できます。

 

 

※木室ミヱ子

胃腸脾臓が弱体化しますと →

憂鬱 人と話したくない 部屋に閉じこもる マイナス思考

脳に充分な栄養が行かなくなるため 酸素不足で 脳が休眠状態→

暗記力低下  記憶力低下  集中力低下 →

パニックになりやすい

胃が弱体化はもたれに繋がり 

もたれすぎると不眠にもなります

 

肺臓が弱体化しますと→ 悲しい 異常に悲しい

悲しみ過ぎると気が消える 

気が消えると鬼を見る→怖い恐怖感 被害妄想になりやすい

肺臓が弱体化しますと肺臓に火や熱が付きます。 

肺が熱だと筋肉が萎縮する→ 

筋肉の凝り 肩凝り 首凝り 筋痛が原因での不眠

火照りでの不眠となります。 

また 火照る体はあつい  熱は気を食べると言います

寝てる間に気を食べられますと 

微熱や高熱を出した状態となります

翌朝は脱力感で起き上がれない

 きつい 会社に行けない 学校に行けないとなります。

消化する力 気が不足の為に お腹が空かない 食欲も無くなります。

 

 

肝臓が弱体化しますと→ イライラ怒る 怒りを止められない

為の不眠となりやすい 

肝臓はアイデア力  裏の関係にある 胆嚢は決断力です。

肝臓が弱体化しますと アイデア力 決断力が低下します。

肝臓が火を持ちますと→ 

筋が突っ張る 張る 力を抜けない為の不眠となりやすい

 

結果 不眠となりますと欝が完成します。

 

西洋医学では欝症状は神経異常と診断され 

向精神薬や抗うつ薬 睡眠薬を処方されていますが

そのようなお薬で 

薬剤による2次的な鬱病を発生させています。

向精神薬や抗うつ薬 睡眠薬で

胃腸 脾臓 肺臓 肝臓は 益々弱体化します。

 

服用始めは飲んで薬が効いている気がするようですが

そのうちに 薬の副作用に気が付いた時は

離脱症状に苦しむ事になります。 

 

 

欝になられる体質が有ります

胃腸の弱い方です。

胃腸の弱い方は 腎臓が強い為 強靭な体力と 

暗記力 記憶力の強さを自負されています

その為 動けなくなるまで 

仕事や遊びをし過ぎる傾向にあります。

気が付いたら 疲れすぎて眠れない

気持のコントロールが出来ない

暗記力 記憶力がガタ落ち

アイデア力低下  決断力低下 

体力が続かない 疲れやすい

少し休んで体力が出来ますと また すぐに無理をする

休む事に罪悪感を持つ方が多い傾向にあります。

 

東洋医学的な考え方から行きますと

欝病は神経が異常という風には考えません

胃腸 脾臓 肺臓 肝臓の機能がセットで低下した症状です。

漢方薬で鬱症状が改善された方々は全て

弱体化した

胃腸 脾臓 肺臓 肝臓を正常に立て直す事で

元気で健康に仕事がバリバリできる体に復活しています。

下記は 欝になられた方々が

漢方薬で正常なお体に復活された

体験ブログです。

 

関連ブログ

【不眠症】—–鶏肉の蓮子炒め—–蓮子鶏丁(レンズジーディン)

【記憶力低下】—–髪を黒くするくるみと黒ごまの飴—–烏髪糖蘸(ウファタンチャン)

【精神疲労】—–五目揚げ団子—–百果玫瑰球(パイゴーメイクイチュー)

【精神疲労】—–鶏肉のワンタンの茯苓煮—–(フーリンジーロウホントン)

【精神疲労】—–鶏肉の菊花炒め—–菊花炒鶏片(ジュホワチャオジーピエン)

体が改善される事でうつ病が治るなんてとても不思議な感じです。

鬱症状が完全に漢方薬で改善し毎日スポーツをしています。

東洋医学の現場からパニック症状 鬱症状は決して 脳の異常でな無いと考えます。

パニック症状 デパス マイスリー お酒 漢方薬で克服 感謝のお手紙です。

10年来のデパスが漢方薬で3分の1量に減り飲酒の依存も過食もタバコも無しです。

17年間パニック障害 漢方薬服用翌日から出勤しています。

パニック症候群、抗うつ薬や安定剤が漢方薬で不必要となりました。

受験勉強中、過呼吸・不安感・不眠・自信喪失・倦怠感・暗記力低下漢方薬で改善しました。

過呼吸 不安感 不眠が 暗記力低下 無表情 漢方薬で改善です。

春野菜を食べましょう.鬱やストレスまた肌を紫外線から守ります

統合失調症が漢方薬65日分で正常な体になりました。

間違った漢方情報(日経新聞)うつ病、不安障害、統合失調症には漢方薬は限界

欝の原因:気の不足から各臓器が機能低下したのです。

不眠 食欲不振が改善されレトルト食が手作り食になりました

10年間のうつ病薬が漢方薬服用2日目から吐き気消え快眠で離れられました

産後の鬱 体調不良が漢方薬で改善感謝のメールを頂きました

欝症;漢方薬で食欲旺盛で美味しい 眠れる頭が回り意味がつかめます

漢方薬で母の欝病が調子が良いです。

漢方薬で鬱症が正常になり 食欲増進 快眠 体が軽いです

向精神薬の副作用:遅発性形成斜形と統合失調症が漢方薬で改善です

うつ病と抗うつ薬(パキシル)自殺大国日本の元凶「病院で殺される長生きしたければ行ってはいけない」

間質性膀胱炎と欝症で漢方薬30日 浮腫み顔がお人形顔に変身です

統合失調症漢方薬で仕事復帰が間近な様です

統合失調症;健康な時と同じ様な行動が有り大変嬉しい御報告です

臓器に支配される異常な感情 怒る 笑う 憂う 悲しい 恐い

子供の頃からの向精神薬は社会復帰は難しいと感じています。

漢方薬の四物湯は鬱症の人に合う薬でしょうか?

鬱 ; 臓器の弱体化によって支配される感情があります

統合失調症・鬱病漢方薬で改善中です。

寄り目が漢方薬で消え  抗鬱薬や睡眠薬も 5か月前から中止です

向精神薬 睡眠導入剤等々が漢方薬で半減しています。

鬱の症状は胃腸 脾臓 肺臓 大腸 肝臓の弱体化を正常に戻す事で改善します。

うつ病患者さんが農作業で身体が復活する理由があります。

子供の鬱病は臓器の機能低下が原因と考えます。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.