ブログ

ブログ一覧へ戻る

不眠 障害対処 12の指針 不眠改善 漢方薬で不眠原因を解消

 

不眠と言われる方々

睡眠薬や睡眠導入剤を飲まれる事になられた

きっかけを 尋ねますと

入院中 昼間眠ることが 多く不眠になりましたとのこと

当局 管理薬剤師の中城先生の講義

ベットは 夜本格的に眠る時と

性行為以外にはベットは使用しない事

とのこと 納得 納得です。

 

睡眠時間が1日4~5時間で充分の体質の方は多い

そのような方は腎臓が強い体質です。

体力は人一倍あります。

代わりに胃腸が弱い

そのような方は 

睡眠時間4-5時間で充分なのに 

8時間眠らなければならないと

考えている方が多い

結果 眠りすぎて 不眠です。

 

 

睡眠薬や睡眠導入剤を続けますと

昼間 転びやすくなりますよとの事

転んで 背骨を骨折 寝たきりになり 

認知症になる方が

高齢者の方には多いそうです。

常用には要注意です

 

不眠には不眠の原因を取り除いて 

自然に深い睡眠に戻してあげる事が

健康体に繋がります。

 

不眠の原因を観察していますと

神経ストレス

筋肉の凝り 筋肉の張り 筋肉の痛み

筋のつり

体の火照り

胃が満腹感 膨満感 (消化不良)

皮膚病による痒み 等々があり

お一人の方が 

2から 3つ程の不眠の原因をお持ちの事も多いのですが

全て 原因は 

五臓六腑を立て直す事で

 深い睡眠を取り戻す事が出来ます。

 

<睡眠障害対処12の指針>

1.睡眠時間は人それぞれ、

日中の眠気で困らなければ十分

・睡眠の長い人、短い人、季節でも変化、

8時間にこだわらない。

 

2.刺激物を避け、

眠る前には自分なりのリラックス法

・就床前4時間のカフェイン摂取、就床1時間前の喫煙は避ける

・軽い読書、音楽、ぬるめの入浴、香り、筋弛緩トレーニング

 

3.眠たくなってから床に就く、

就床時刻にこだわりすぎない

・眠ろうとする意気込みが頭をさえさせ寝つきを悪くする

 

4.同じ時刻に毎日起床

・早寝早起きでなく、早起きが早寝に通じる

・日曜に遅くまで床で過ごすと、月曜の朝がつらくなる

 

5.光の利用でよい睡眠を

・目が覚めたら日光を取り入れ、体内時計をスイッチオン

・夜は明るすぎない照明を

 

6.規則正しい3度の食事、規則的な運動習慣

・朝食は心と体の目覚めに重要、夜食はごく軽く

・運動習慣は熟睡を促進

 

7.昼寝をするなら、15時前の20~30分

・長い昼寝はかえってぼんやりのもと

・夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響

 

8.眠りが浅い時は、むしろ積極的に遅寝・早起きに

・寝床で長く過ごし過ぎると熟睡感が減る

 

9.睡眠中の激しいイビキ・

呼吸停止や足のぴくつき・むずむず感は要注意

・背景に睡眠の病気、専門治療が必要

 

10.十分眠っても日中の眠気が強い時は専門医に

・長時間眠っても日中の眠気で仕事・

学業に支障がある場合は専門医に相談

・車の運転に注意

 

11.睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと

・睡眠薬代わりの寝酒は、

深い睡眠を減らし、夜中に目覚める原因となる

 

12.睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全

・一定時刻に服用し就床

・アルコールとの併用をしない

 

不眠改善ブログです。

漢方の即効性に驚いています。浮腫み、冷え、不眠、動悸、肌の乾燥はかなり効いています。

不眠 食欲不振が改善されレトルト食が手作り食になりました

暗記力 記憶力 集中力強化の薬 不眠 寝つきが悪い 眠りが浅い時の薬即効性に驚きです。

漢方薬で鬱症が正常になり 食欲増進 快眠 体が軽いです

漢方薬で食欲旺盛 暗記力回復 不眠解消 鬱とパニックが改善しました

睡眠に問題 5人に1人 (日本経済新聞より)

シーズ犬 噛みつく不眠うろうろ 翌日漢方薬でぐっすり寝ています

10年来のデパスが漢方薬で3分の1量に減り飲酒の依存も過食もタバコも無しです。

パニック症状 デパス マイスリー お酒 漢方薬で克服 感謝のお手紙です。

睡眠 漢方薬で眠い

漢方胃腸薬のんで快眠、快食、体の調子がいい主人です。

不眠解消方法は太陽の光で朝早く起きる事です。スマホ モニターの光は不眠となります。

肝臓が原因の不眠 漢方薬で 3日分 1944円が好評です。

 

不眠症に効く薬膳料理

【不眠症】—–鶏肉の蓮子炒め—–蓮子鶏丁(レンズジーディン)

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.