ブログ

ブログ一覧へ戻る

化学物質過敏症

漢方薬24日分で化学物質過敏症が完治と診断されました。

 

 

2019年7月26日 体質改善薬  

24日分(15.552円)服用結果

経過を伝えるために病院へいきました(2019年7月19日位)

「点滴、治療など何もしないで下さい。

お話だけさせて頂きたい。」と頼んだ。

すると、「すごくいい状態だから来なくていい」と言われた。

漢方を飲んでいる事を理解してくれるか解らないため、

漢方を飲んでいる事は医師に言わなかったが、

病院で出してもらっている薬を今は飲んでいない事を伝えた。

担当医が他の患者さんに漢方を出している

先生だったため理解があったため、

「飲みたくなくなったという事は、

良くなった証拠だからよかった。

私はこの先生から漢方薬は処方されていません。

気が向いた時に経過観察として見せに来てほしい。」といわれ、

通院しなくてよくなった。

「化学物質過敏症はほぼ普通の人」とも言われました。

(病院に行ったのは7/19くらい)

 

 

その後、

同じ化学物質過敏症で

仲良くなった方とお話するために、

大阪の真ん中にある病院に行きました。

マスク無しで外を歩き、3~4年振りに

フラッとお店に入ってご飯を食べた。

今まではこんなことはできなかった。

 

前は事前にどんな食品を扱っているのか、

自分が入って大丈夫なのかなど、お店を調べて入っていた。

調べたお店以外行くことはなかった。

 

今回はお店の雰囲気を外から見て入り、

自分はマスクをせずにお店で過ごすことができた。

一緒にお店に入った化学物質過敏症の方は

自分が良くなってきている時を境に

悪くなっていた方だった。

 

その方よりも自分の方が臭いに敏感だったが、

今回は逆だった。

入ったお店が割と小さなお店だったが、

そのお店の中で、

一人の女性が化粧水みたいなものを

シュッと顔に吹きかけた方がいたが、

臭いはわかったが

自分は気持ち悪くなったりすることもなく、

何ともなかった。

 

より一層自分が良くなったことをとても実感した。

前は逆で、自分の方が反応していたため、

悪かったのが遠い過去の話みたいな感じがしている。

 

自分でできる事は色々やってきて、

最後のとっかかりが見つからず、

なかなか良くならなくて病院の先生にも

「いつか急にカーン!と、良くなるから」

と言われていたが、「いつかって、いつだよ!」

と思いながら2年半くらい過ごしていた。

 

その後、

排便する事の大切さに気づき、

便が出ない事がこんなに苦しい事なのかと気づいた。

前は酷い時で1カ月に1回しか出ないときがあった。

友人に話すと「死ぬよ!」と言われていたりした。

通常でも2~3日出ないのが当たり前だった。

 

漢方薬服用後は半日出ないだけで

こんなに苦しいこ事なのかと気づき、

今までが異常だったことを再認識した。

 

同時に味覚障害だったことにも気がついた。

嗅覚だけじゃなく、味覚も異常だった。

自分では全然気が付かなかった。

 

それを主人に言ったら

「色々納得できることがある。

変だなと思うことがあった。

それを言っても本人(S様)が

気づいていないからわからないし、

不思議に思ったことは多々あった。」と言われた。

 

あまりご飯が美味しく感じなかったし、

美味しいと感じると時は集中して食べないといけなかった。

お話をしながら食べるとご飯の味がしなかった。

 

そのことをずっと

「このご飯が美味しくないからだ」と思っていた。

一言もしゃべらず、

一皿を集中して食べるときは味がしていた。

振り返ると「味覚ってそんなもんじゃない」と認識した。

 

何かしながら食べると味がしなかった。

今はムラがあるが、「味覚がなくなっている」

ということを認識することが出来るようになった。

 

今までは味がしないことが普通だったので、

自分は人より敏感だと思っていた。

体が過敏に反応するようになって、

美味しくないと思うようになったと思っていたが、

自分の勘違いだった。

びっくりしている。

身体の浮腫みも取れてきた。

背中の凝りも便がでないと辛いが、

便が出ると楽になる。

 

マッサージをする、深呼吸をするなど、

他の人と排便力が上がる方法を色々話をしている。

「みんな同じ体質なんだね」という話をしている。

 

化学物質過敏症がなくなったと病院で言われた時、

本当は「やったー!」と言って喜びたかったが、

病院内なので遠慮したくらいだった。(笑)

 

担当医や看護師なども喜んでいた。

他の人にも自分が漢方で良くなったことを

伝えたいと思って話をしているが、

信じてもらえなかった。

 

この間とても人気のあるお菓子屋さんに行った。

狭い店内にぎゅうぎゅうに人が入り、

駐車場で警備員が二人立っており、

常に誘導しているような人気店。

主人には「マスクして!」と言われたが、

「ここはチャレンジしたい!」と

いってマスク無しでお店に入った。

いつもはお店に入るのが嫌で、

ネットで調べて買いに行ってもらっていたが、

ケーキを買う事がこんなに楽しいことだっけ?

と思いながら買い物をした。

主人もとても喜んでおり、

「とても楽しい時間だったね」と二人で話していた。

今は外に出かけたくて仕方ない。

 

気持ちも前とは全然違う。

前に辛かったことが何も思い出せない。

誰かに言われると「あぁ、そうだったな」

と思い出すことはできるが、

困っていたことを教えてほしいと言われても、

今は出てこない。気持ちが暗くならない。

 

このことを担当医に言ったら

「その気持ちの変化もよくなった一つの要因だね」と言われた。

病院に通っている人は

メンタルをやられている人が多いから

攻撃的だったり怖い印象の人が多い。

化学物質過敏症の人も、

普通の人からみるととても怖い印象だと思う。

私もそうだったと思うと先生に申し訳ないと思う。

最近は笑うことが増えた。

写真を撮ることがとても嫌で、

ずっと避けていた。

記録に残るのが嫌だった。

最初に問診用に送った写真をみて

「こんな暗い顔をしていたのか」とびっくりした。

最近は自分でもよく笑うなって思っている。

同じような症状で困っている人が、

みんな私のような体験してほしいと思う。

 

今ちょうど色々人生が急に動き出した時期で、

いろんなこと重なりいい方向に動き出している。

色んな出会いもあり、今までにできなかった

ことが出来るようになったりしている。

ミエコ先生に言われた「気を巡らせる」という事も、

いろんな人から聞いた。

今は「誰かに何かしてあげたい、したくて仕方ない」

という気持ちがある。世の中の見方も変わった。

 

今まで信じていたことが

嘘だったという事も気づいたり、

調べもせずに信じていたりしていた。

今は前と全然世界が違う感じがしている。

 

行動力が上がった。

前に人と話したくない、

めんどくさいと思っていたことが、

今は自分から色んな人に電話をして聞いたりしている。

 

早く色々活動したいという気持ちでいっぱい。

主人に本当に感謝している。

自分の親に「なによりも感謝しろ」と言われた。

主人だけではなく、

自分の親や主人のお母さん、

友人も自分がよくなったと伝えたらみんなとても喜んでくれた。

 

みんなに漢方を飲んでもらいたい。

今までマスク代に月に一万円使っていたり、

家の中の空気をよくするために炭を買ったりしており、

とてもお金がかかっていた。

自分がもっとよくなったら、

主人にも漢方を飲んでもらうつもりだ。

主人は私がどんどん良くなっているのを

目の当たりにしているので、「漢方を飲む」と言っている。

【2019年7月3日初問診時の症状】

40歳 女性

【症状(主訴)】

●化学物質過敏症 3年前から 

反応する物質;殺虫剤 蚊取り線香で咳  

●今は主に 咳が主 野焼きや柔軟剤や抗菌剤 

無香料は抗菌剤が多めに含有 野焼きが近くである時 

●抗菌剤を使用している人が近く通ると 

力が抜ける事がごくまれにある 

●化学物質過敏症で動悸起きる 

●アレルギーの条件が重なるとなる 

受動喫煙で咳・頭痛が幼少時からある

 タバコは同じ 変わらない 避ければいい

●最近感じる化学物質過敏症とは関係の無い 

湿度が高いと咳が出る 

梅雨から夏にかけて夜中に咳がでる 

●夜の方が蒸し暑いときは眠れない 

●慢性的な結膜炎(20歳くらいからアレルギー的な症状が出る)

●太陽アレルギー または 日光アレルギー

(肌が赤くなる 肌にぶつぶつが出来る  肌がかゆくなる 湿疹できる) 

●現在症状が停滞している状態 

  • 梅雨の時期 咳が出て喉の調子悪い 痰が絡みやすい 

 夏が特に怠い 家で昼間寝て居る 暑いと眠れず、

冷房いれないとだめだが、冷房で体を壊す

●手足が冷たい 5年前まで冷たい水しか飲んだ事ないが

アトピー性皮膚炎で冷たい水はダメと言われ今は冷たい水は飲まない

●咳をしやすい 黄色の痰  痰あり

 ● 油ものを食べたくない(顔にぶつぶつできる )

●油物で下痢する(吐き気伴う)

●肉類を食べたくない 肉類でもたれる(吐き気伴う) 

● 胃痛( お肉  )

 ●頻尿    

●体調が悪い歯茎が腫れる 

●下痢と便秘繰り返す (子供の頃から )

●息苦しい 呼吸が浅い

●便秘する 下痢する 咽喉が痛む 声が枯れる 悲しい 

●目ヤニで目が開かない 

●アレルギー結膜になりやすい (アレルギー物質で)

 ●白内障

(まぶしいだけだが大人になり生まれつきの白内障と医師に言われた )

●飛蚊症(両方 右3-4 左3-4個) 裸眼で視力 0.1以下 

●鼻汁 鼻づまり  後鼻漏なし

●生理前症候群(PMS):悲壮感が酷い イライラ むくむ(足が酷い )

  ●体がだるい 重い すぐ横になりたい 疲れやすい 

●眠りが浅い 夜中に起きる( 12時 トイレ )    

●昼間眠い  朝までぐっすりねむれるとびっくりです  

 

【医療機関の受診】●有 アレルギー科 通院中  

【現在の薬】※処方されているが飲んでいない

【アレルギー情報】●アレルギー検査の遅延型で調べた結果

  • 卵●キュウイ●乳製品全般 ●アワビ ●牡蠣 ●バニラ ●グルテン
  • 砂糖 ●タケノコ ●マッシュルーム、

 

※木室ミヱ子

東洋医学の考え方です。

漢方薬を処方する場合 

化学物質過敏症の症状だけを見ると言う事はしません

全ての症状を捕らえ 

全ての症状が底上げ式に改善する様に処方します。

そのため メール質問は一切しません

直接 口頭で問診しなければ 症状を掴む事は出来ません。

臓器には親子関係 相克関係の臓器があります

化学物質過敏症になりやすい体質が有ります

胃腸の弱い方です

胃腸は全ての臓器の総司令長と言います

胃腸が弱体化しますと 

そこから 氣や血が不足し病気を防ぐ事が出来ない

病気を治す力が無い 疲れやすい 

毒素を貯めやすい 排出しきれ無い

余分な湿を排出できないとなります

 

胃腸が傷つくと先に肺臓が傷つくと言います

肺臓が傷つき 水を作れないですと 

肺臓は肝臓を継子いじめする臓器です

 

肝臓が肺臓から水を貰えず 

肝臓の火が旺盛になりすぎますと

イライラ怒る 常に力が抜けない 

筋が張る 足がツル 症状が発生します

油物や肉類を消化する消化酵素

胆汁を充分分泌できなくなるため

油物や肉類が食べれない 

食べても下痢やもたれや吐き気となります。

また 感情面では

胃腸が弱体化しますと 

憂鬱 マイナス思考 人と話したくない 部屋に閉じこもりたい

肺臓が弱体化しますと

 悲しい 異常に悲しい という感情に支配されます

これで 不眠が伴いますと 欝が完成すると考えています

欝病は神経の病気ではないと考えています

胃腸 肺臓 肝臓の 

3つの臓器が機能低下しその上不眠が加わりますと

鬱病が完成すると考えています

鬱病の方々が 臓器を立て直しますと

 社会復帰されるのです。

 

 

人間の体は不具合になりますと

冷えと熱(火) 乾燥 湿 を同時に持ち合わせています

化学物質過敏症の方は上半身が熱や火で火照り

熱い為に水 特に冷たい水を飲みたい

水分を摂りすぎる傾向にありますが

体が火照る為 火照りや熱は気を食べる

その為 氣が不足して 

余分な湿や熱や火を大便や尿や汗から

体外に排出する力が落ちています

その為 水は重い性質の為  下の部分の足や手に集まり

手足が水(湿)のせいで 冷たい 浮腫む 重いと 

いった症状が発生します

火照る為 汗を掻きすぎて 

水分を飛ばして 津液(ちんえき)が不足しますと 

乾燥肌となります 肌が非常に乾燥しています

皮膚の乾燥が筋肉にまでおよびますと 

筋肉の凝りや痛みが発生します。

咳をしやすい 黄色の痰があるというのは

肺臓に熱(火)がある為に黄色の痰を吐く

肺臓に熱(火)が有る為の咳嗽とみなします

肺臓に熱が有りますと同時に 肺臓は乾燥しますので

その為 熱(火)と乾燥からくる咳が発生します。

咳は体力を損ない 

肺臓が熱だと 筋肉が萎縮する為 

咳をするたびに 横隔膜部分の筋肉が痛む事になります。

漢方薬はそれらの全ての症状を掴み処方しますので

同時に全ての症状が改善していくのです。

【2017年7月2日漢方薬服用前の舌】

 

 

 

 

 

 

 

静脈血管が舌の先端まで黒々伸びて

血管が盛り上がっています

火と湿と毒素が非常に旺盛のため

感情もコントロールできないと考えます

体に湿が多いですと上記の写真の様に血管が盛り上がります

湿で体が重い 手足が冷えると考えられます

 

 

 

 

【2017年7月30日漢方薬服用後の舌】

静脈血管が随分薄くなりました

血管の盛り上がりもありません

毒素がとれて 

浮腫みがとれ 冷えが軽く

体が重い症状も取れている事が分かります

改善している事が舌の静脈血管で確認できます

 

 

関連ブログです。

漢方薬24日分で化学物質過敏症が完治と診断されました。

 化学物質過敏症が漢方薬でデトックス 正常な体に戻っています

化学物質過敏症になりやすい体質は花粉症、アトピー、アエルギー、喘息になりやすいです。

化学物質過敏症 消臭剤 柔軟剤 香水 ペイント染料 ガス 殺虫剤等々が反応します

化学物質過敏症の方に線維筋痛症の症状があるのは何故?

化学物質過敏症 漢方薬7日分でシャンプー?柔軟剤?臭いの区別が出来ます

漢方薬の考え方は易学に通じます  土と 金は 母と子の関係です。

化学物質過敏症が完治し 世の中に訴えたい事です

化学物質過敏 シックハウス 漢方薬 39日分服用改善結果です

化学物質過敏症で柔軟剤や合成香料で頭痛が漢方薬で改善です

化学物質過敏症漢方薬16日分服用で近所をマスク無しで歩けます

化学物質過敏症が漢方薬2か月分で病院卒業の診断です。

漢方薬50日分服用で化学物質過敏症が治るという実感が出来ました。

 

※木室ミヱ子

体験談有り難うございます。

自分の体験がが各物質過敏症の方々のお役に立てたらとブログ掲載

とラジオでのお話しをOKして下さいました

7月29日のFMコミ天 午後2時から 「ミー先生に聞く 漢方のお話し」で

お話しさせて頂きました。

有り難うございます。

次回 8月5日

FMコミ天 午後2時から 「ミー先生に聞く 漢方のお話し」では

彼女が出演して下さいます。

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2019木室ミヱコAllright Reserved.