ブログ

ブログ一覧へ戻る

中島院長のお話し インプラント

 

【インプラント】

古代ローマの時代からあり、失敗の歴史が続いた。

現在のインプラントでは、歯が無いところに義歯ではなく、純チタン製の「ネジ」を骨の中に埋入して

歯を作る事を行う。

数多くの種類があるが、すべて、スウェーデンの

イエテボリ大学のブローネマルク教授の研究成果に

淵源がある。1952年に全世界から普及していった。

人類で初めて現在のインプラント治療を受け成功した人はスウェーデンいんの整形外科医イエスタ・ラーション氏(ブローネマルクの後輩)で当時31才であった。

1965年のことである。 彼は遺伝子疾患のため 

若くして歯が殆ど無かった。

そのインプラントは 40年以上 機能し続け、

氏は2006年に71才で亡くなった。

今では 全世界で400万人以上の人が受けている。

10年生存率が98~99%という、

非常に信頼できる治療法である。

      以上 中島院長より頂いた資料です。

 

歯原病についてご相談の方は

お電話相談されると宜しいですよ

院長は誠実で 医療においては

徹底的に治療して下さる

紳士な方です。

 

関連ブログ

インプラントはしなければよかった後悔です。

 

※木室ミヱ子

私は 歯の材料においても

安全性や効果を確認しない

イケイケタイプの

利益重視の歯科医に

インプラントをして頂いたため

とんでもない目に会いました。

が中島院長でしたら

インプラントは安心してお任せできる

歯科医さんです。

患者さんの歯を治療する

歯からくる全身症状を掴んで

歯を治療して下さる

化学物質過敏症の方々にも

対応できる院内設計をしています。

利益重視でなく

歯や身体を治す事に全力投球される

先生に出会えた事に感謝です。

中島院長に インプラントでの不具合を

治療をして頂き安堵している処です。

 

 

中島歯科院長のお話し

中島歯科 中島院長の歯のお話し 要約

中島院長のお話し インプラント

歯周病 プラーク 中島歯科院長のお話しです。

歯の矯正 子供の虫歯 むし歯の治療 歯の構造

歯原病治療法 3Mix-MP法とは抗生剤を使用します。

隠蔽(いんぺい)されて来た歯原病のお話しです。

赤ちゃん おしゃぶり 指しゃぶり

4~5か月での早期の離乳食で起こるアレルギーマーチ

赤ちゃん 眼にあたる光に注意 特にLED

知りたい 聞きたい 歯の話 (母乳とカンガルーケア )

AGE   終末糖化産物 について

 

著書に「歯原病」

神経を抜いた歯が引き起こす 

さまざまな全身の病気

様々な全身の病気は歯原病かもしれません

歯原病は隠蔽されてきたお話しです。

3Mix-MP法で日本でただ一人

歯原病を徹底治療できる院長先生です

〒812-0016

福岡市博多区博多駅南1丁目3の6

第3博多偕成ビル2階

歯学博士 中島龍市

中島歯科医院

TEL:092-441-3887

FAX:092-441-3890

 

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.