ブログ

ブログ一覧へ戻る

乾癬 精神面で寄り添う 日本経済新聞 2019年12月4日 ライフサポート

※木室ミヱ子

東洋医学の世界では 皮膚病の漢方薬を処方する場合

乾燥によるもの 菌によるもの 毒素によるものと

区別しません。

肌と肉は胃腸が支配

皮と毛は肺臓が支配

皮膚疾患全ては 

胃腸と肺臓を強化する事で

全ての皮膚疾患は正常肌に復活します

酷い皮膚病を皮膚だけみて治療しても改善しません。

深い酷い 悪化した皮膚病は 

臓器が関わっているからです。

 

極端に言いますと ニキビも癌も同じです

毒素を充分に体外に排出しきらないと言う事に尽きる。

違いは疾患の大きさ

硬さ

転移するしないだけ

漢方薬は体全身毒素のある部分にどこにでも

入り込み 毒素を掴んで排出する為

場所は何処であろうと 

構わない 

気や血を与えますと

体が考えます。

どの方法で排出すれば 病気が治るのか

漢方薬はただ治癒能力を高めてあげる

毒素を抜く力を助けてあげればいいのです。

この考えは

東洋医学の考えと

木室ミエコが長年 漢方の現場に携わり

掴んだ 改善方法であり

個人的な感想によるものです

為にコメントは一切受け付けません。

 

まず

病気とは何か? 

一言で言えば

「異物を無害化する体の仕組みが

正常に機能していない状態」と言えるだろう

単純化して、異物を「ゴミ」

異物を無害化する体の仕組みを

「ゴミの回収車」に例えると

〇「ゴミ」とは? 

「体の中に多量に存在する健康を損ねる原因になるもの」

細菌やウイルスを始めとする環境中のいろいろな有害物質

自分自身の老化した細胞や変質した細胞

分解不十分なまま体内に取り込まれたタンパク質のかけら

過剰は栄養 など

〇「ゴミの回収車」とは? 

「白血病」(顆粒球+リンパ球+マクロファージ)

顆粒球は大きな異物

(細菌や死んだ自己細胞など)を食べて消化分解

リンパ球は抗体を作り、

小さい異物(ウイルスや異種タンパク質など)にくっついて処理

マクロファージは(単球)は食べて分解

  くっついて処理の両方の働きを持つ

 

ゴミ処理」が充分機能しない場合、どうなるか?

白血球が処理不十分なゴミを抱え込んだまま全身を巡り、

ゴミを抵抗力の弱い所にばらまく→細胞内感染

異常細胞が生き残る→癌

病原微生物が生き残る→感染症

未消化のゴミを皮下組織に捨てる→皮膚の炎症→

難治性の皮膚炎 粘膜の炎症 (喘息や鼻づまりも)

 

「ゴミ処理」が充分機能しない場合とは?

Ⅰ ゴミが多すぎて回収が間に合わない、或いは回収はしたが充分に処理できない

ゴミの進入路①=呼吸から(口呼吸)

ゴミの進入路⓶=腸から(冷たい物中毒)・動物性たんぱく質過剰摂取

ゴミの進入路③=体の中の慢性の病巣から(扁桃の炎症、歯周病、水虫など)

Ⅱ・ゴミ回収車が少ない、或いは故障車が多い

 睡眠不足→造血機能低下→正常な白血球が充分に作られない

Ⅲ道路が渋滞(血液ドロドロ)

交感神経緊張

冷え

過剰な栄養

Ⅳ・道幅が狭い(血管収縮)

交感神経緊張

冷え

 

 

下記の改善ブログは臓器を立て直しながら

体内の毒素を排出する事により改善正常肌に改善しています。

ステロイドは一切使用しません。

 

改善ブログです

菌による皮膚病

カンジダ抗菌剤が効果なく漢方薬2日分で正常に戻りました。

病院では治らないと宣告された 23年前からの 非結核性抗酸菌が漢方薬30日分でレントゲンの影が殆ど見えません。

真菌性皮膚疾患 汎発性白癬 頑癬 インキンタムシ、陰部、全身  合併症 痛風

皮膚

漢方薬で手術は必要のない血管腫になっています。舌の血管腫1つと肝臓に2か所の血管腫

お客様より大変嬉しいメールを頂きました。ステロイド剤による肌のリバウンド症状

漢方薬で再発を繰り返す毛嚢炎が無くなりました。

酷い便秘が顎ニキビ漢方薬67日分で正常なお通じに改善

蝶形紅斑と口唇炎漢方薬7日分で改善している写真です

病院回りで治らない酒さが漢方薬14日分で改善です

おしりの湿疹が漢方薬できれいに正常肌に戻った写真です

中国からの大気汚染PM2.5・黄砂・花粉での湿疹が漢方薬で改善

皮膚病が漢方薬30日分と『鹿の角と亀の腹板の健康食品』で改善 感謝のメール

オータニ漢方沐浴剤で長期のジンマシンが改善しました

漢方薬30日分とオータニ化粧品で酒さの赤みは少なくなり ブツブツも取れてツルツルです

素顔では外を歩けない程酷いニキビが漢方薬で歩ける様になりました

漢方薬でニキビと爪のボロボロ状態が改善です

アメリカからの便り 漢方薬で真っ赤で痒くて痛くてゴワゴワだった肌が生まれ変わりました。

赤くヒリヒリ痒い酒さが漢方薬で気にならなくなりました

全身乾燥しすぎた人 粘膜 皮膚 筋肉迄乾燥した人の舌の写真

手の荒れ カサツキが漢方薬 27日目の皮膚炎改善写真です

漢方薬36日分服用 酷いアトピー性皮膚炎が改善している比較写真です

水分の摂りすぎは水毒症状発生 浮腫み 食欲不振 関節痛 筋肉痛 動悸 眩暈等々引き起こします

酷い硬くてゴワゴワ黒ずみの皮膚炎が漢方薬で改善された写真です

酒さ食べすぎで肌が悪化 むくみ 倦怠感 胃腸虚弱

口唇炎も筋肉痛もアトピー性皮膚炎も胃弱も漢方薬で改善です

カンジダ抗菌剤が効果なく漢方薬2日分で正常に戻りました。

膝から下に湿疹できる方 何故出来る?誤った常識は身体を壊す。

蕁麻疹改善漢方薬 驚きです。飲んでその日、まったく蕁麻疹が出ない!

異常に痒い瘡蓋湿疹が漢方薬で改善中の写真です。

不妊にステロイド服用 指導の病院に驚いています

子供の皮膚にステロイドを塗った3年間の副作用ステロイド皮膚炎の写真です

小麦食品ストップとアトピー性皮膚炎が火照り改善漢方薬で著しく改善です。

漢方薬で馬の蕁麻疹が1日のうちに改善した写真です。

上唇の血管のつまり塊が漢方薬とアガリクスで消えた写真です。

子宮腺筋症・子宮筋腫漢方薬で生理時の血の塊が無くなりアトピー性皮膚炎の痒み消えました。

手湿疹ニューヨークから漢方薬の効き目が凄いと驚き改善写真です

漢方薬で朝昼晩3食が美味しい皮膚 肩凝り首コリ改善 血圧降下剤も服用していません

ひどい湿疹・瘡蓋(かさぶた)が漢方薬で改善した写真です。

アトピー性皮膚炎が漢方薬90日分服用改善写真です

1歳児 両足に黄色の汁の付いた硬い瘡蓋湿疹 改善写真です。

赤ちゃんの瘡蓋湿疹が完璧に改善写真です。 第2弾

痒くて矢が刺さる。皮が下着にくっつき 体が腐ったワカメの匂いが漢方薬で改善写真です。

野良猫の咬み傷で急激に腫れた患部が漢方薬で翌日には完治しました

ステロイド薬常用の目の痒み、炎症、腫れが漢方薬で少なくなり失明の不安が消えました

目がつぶれて開かない程の顔の浮腫み漢方薬3日目には正常なお顔に戻りました。

経皮吸収:3年前使用のア・ックの臭いが漢方薬で出ています。

トイプードル白血球低下・肝臓の腫れ・皮膚病が漢方薬で改善です。

ステロイド使用の酷いアトピー性皮膚炎 漢方薬7日分での改善写真です

ステロイド点眼液や内服薬は全身に黒い毛が生える副作用があります。

痛みで食事もできない程の掌蹠膿疱症が漢方薬7日分で改善写真です。

トイプードル白血球低下・肝臓の腫れ・皮膚病が漢方薬で改善です。

菌による皮膚病

真菌性皮膚疾患 汎発性白癬 頑癬 インキンタムシ、陰部、全身  合併症 痛風

漢方薬で再発を繰り返す毛嚢炎が無くなりました。

皮膚

ガサガサバリバリ真っ赤の慢性湿疹改善写真です。

★虫歯は皮膚病に影響します。

蕁麻疹

漢方薬で馬の蕁麻疹が1日のうちに改善した写真です。

酒さ

病院回りで治らない酒さが漢方薬14日分で改善です

漢方薬30日分とオータニ化粧品で酒さの赤みは少なくなり ブツブツも取れてツルツルです

酒さ改善漢方薬で22年間喫煙のタバコが2週間内で禁煙できました。

赤くヒリヒリ痒い酒さが漢方薬で気にならなくなりました

酒さ食べすぎで肌が悪化 むくみ 倦怠感 胃腸虚弱

10年来の酒さ漢方薬30日分で腫れや赤味が随分引きました

酒さの痛みや腫れが漢方薬でなくなり優しい素直な心取り戻しました

 

日本経済新聞の記事です

慢性の炎症性皮膚疾患である「乾癬(かんせん)」。

患者支援団体や企業がネット配信イベントを通じて治療などの最新情報を伝えたり、

病気を気にせず楽しめるファッションを提案するなど、

患者支援の新しい動きが広がっている。

病気に対して後ろ向きな気持ちにならないよう、

精神的なサポートを重視する取り組みで、

他の病気の患者支援活動にも参考になりそうだ。

 

完治難しい炎症性皮膚疾患

一部記事抜粋・・・・

乾癬は完治が難しいとされるものの、

症状を抑える治療法が近年登場している。

・・・一部記事抜粋・・・・

 

◆配信イベントで啓発

・・・記事抜粋・・・

 

新たな治療法に期待

国内の乾癬患者は50~60万人と推定され、

近年は増加傾向にある。

主な症状として、皮膚が赤く盛り上がる

「紅斑(こうはん)」、細かいかさぶたのような「鱗屑(りんせつ)」、

皮膚の表面がフケのようにパラパラとはがれ落ちる

「落屑(らくせつ)」などがある。

患部では皮膚の表面に角質が積み重なって、分厚くなっている。

皮膚の新陳代謝が異常に活発になり、

通常の約10倍のスピードで皮膚が作られているためだ。

メカニズムは完全にはわかっていないが、

何らかの免疫機能の異常が関係しているとみられている。

乾癬の治療法には、

ステロイドなどの塗り薬を用いる外用療法、

患部に紫外線を照射する光線療法、

内服療法のほか、近年登場した生物学的製剤による注射療法がある。

適切な治療法を選ぶことで、

皮疹がほとんどない状態を長く維持している人も増えているという。

症状には個人差があり、

生活習慣の見直しとともに本人に合った治療を続けることが重要とされる。

以上日本経済新聞の記事です

 

 

ブログ一覧へ戻る

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.