ブログ

ブログ一覧へ戻る

白内障・緑内障・耳のつまり・難聴は原因がつながります。

 

20201月年1月28日に登場して頂いた

ポメラニアン 白内障の白い部分が漢方薬2包で消えました。

のブログの目の続きのお話しです

※木室ミヱ子

毎日パソコン使用が多く使いすぎて

目がかすむ 何か目に膜が

張っているような目をこするけど

変わらない 文字が見えにくい

朝も起床時新聞を読むのに 

何か膜が張る感じ

見えづらい 

白内障・緑内障の漢方薬を1包み飲んだだけて

 かすみが取れました。

ポメラリアンに試薬としてお渡しした漢方薬に

蔓荊子と葛根を加えた処方薬

管理薬剤師の中城先生にも

 昔から 白内障があり 

運転中に見ずらい時があると言う事で

金曜日7日分お渡しして

土曜日の朝 (2月1日) 目が見えやすい

妻にその事を話したら 何言ってんの貴方

そんな事有る筈無いじゃないと言うような

顔をされてしましましたとの事

そうだよな そう思うよな

普通 でも 目が見えている

 

醫方集解の本の中に

明目の剤 として

白内障 緑内障の治療薬の処方が記載されています

 

以下は醫方集解の北京語の古文体を翻訳しました。

※労役によって 飲食に節度がなくて

白内障 緑内障の目の病になったのを治す

内障者は瞳の裏が暗い

不病(病の無い人)の目と違いはない

唯 白内障の日は瞳の内の中にちょっと微かに

青と白がある

李東垣曰く

五臓六腑の精の気は皆脾臓と胃腸から受ける

而して 上に貫いて目に行く

脾臓は諸んな 陰のかしらである

目なるものは血と気の宗脈の大本である

故に脾臓が虚であると

五臓の精気は皆司る所を失う

そして 明るい目に帰る事が出来なくなる

心は君の火である 精神を司る

宜しく静かに 安じるべき

相の火がその仕事を代行する

相の火というのは包絡である

包絡というのは百脈の主だし

皆 目によって栄える

模試 労役の運動をすれば

勢いは決まって妄行する

或いは邪の気によって 

邪と一緒になったりして

則ち その血脈を損ねる

故に諸病が生まれてくる

医者は脾臓と胃腸を治療しないといけないし

及び 血を養い 精神を安静に

する事をしなければいけない

標(ひょう しるし)を

治療して本を治療しないといけない

此れは足の太陰(脾臓)

足の陽明(胃腸)の薬なり

人参黄耆甘草は中気を大きく補い 

以て脾臓と胃腸を強くする

蔓荊子は清陽を昇らせて

 9つの穴を通じさせる

白芍薬は厥陰にいりて 

栄血(陰)調和する

目は血を得て見る事ができる

黄柏は湿熱を除いて

腎臓の水を滋養する事ができる

腎臓の水が不足すると目が明らかにならない

それによって 精気は足りて 清陽は昇る

そうすると臓腑は平和になって

障翳(しょうい)目がかすむ事がなくなる

耳を治療して目を明るくする薬 東垣

白内障 緑内障で目のくらむ人 耳鳴りする人

此れは 足の太陰(脾臓) 足の陽明(胃腸)

足の小陰(腎臓) 足の厥陰(肝臓)の薬なり

12経脈の陽の気は皆 頭 顔に上がって空竅に走る

(諸んな体の作用は目に影響するという意味)

だから 飲食したり 疲労したりが原因だ

脾臓 胃腸が傷ついたりすると 

心臓の火が盛んになりすぎて

百脈諸んな脈が沸騰みたいになるから 

邪が目にくる

(腎臓と肝臓が目にとっては一番影響する)

人参と黄耆は甘く 暖めて脾臓と胃腸を補う

甘草は甘く 緩やか(ゆるやか)

で脾臓と胃腸を調和する

乾葛根 升麻 蔓荊子は軽く上がって 升発する

(蔓荊子は臭いが軽い 

麻黄防風は強い臭いがする

葛根も臭いが軽い)

だから陽明(大腸 胃腸)に入れる

胃腸の気を鼓舞して頭や目に行かせる

中気(胃腸 脾臓)が足りてきたら 

清陽も上に昇っていく

(循環が悪いと 清陽が昇らないという)

体が良くなると 9つの穴は皆通じて利する

病気がことごとく治っていく 

耳も聡明になるし目も明るくなる

白芍薬は陰の血を収めて平和にする

黄柏は腎臓を補って水を生む

だから目は肝臓の穴と為す

耳は腎臓の穴と為す

故に二つを用いて 肝臓を平和に 

腎臓に滋養を与える

 

 

醫方集解 眼目の剤 

北京語の古文体を翻訳しました

 

眼目の剤の解説です

目の人に在るは特に五官の一耳(一に過ぎない)

古人(いにしえ)の人は

専科(専門)の科目を立ててある

蓋(なぜかと言うと)

目以外の穴は各々一つの

臓器が主としているんだけれど 

或いは2つの臓器を兼ねている。

目は肝臓の竅(穴)といえども

五臓六腑の精の気は

皆 上の目に注入に来て 

是で目の精と為す。

精(精力 精気)の窠(す)が目と為す。

骨の精が瞳子(ひとみ)となす。

筋の精が黒眼

血の精が絡となす

肉の精が白眼となす

肉の精が約束の嚢のパチパチさせる

まぶたが肉の精気ではないのかな?

筋、骨、血と気の精也。

而して 脈の井の系となす。

上は脳に属するし後ろは

項中(首の真ん中)にそなえている。

此れは則ち 眼が五臓六腑を兼ね具えている

故に其の證は多く 処方も廣い(ひろい)

ここに編集する

略して録するのに備える。

風を疏(うとんじ 遠ざける)て

 湿を燥して(乾燥させる) 火を瀉し(出す)

血を養う剤也

通用できる者は(使用できる処方は)

各部門に散らばって見られる

目には五輪ある 

白い精は気輪となす。金の肺臓に属する

故に濁り堅い

青い精は風輪に属する 木の肝臓に属する

内に膏汁で包んでいる。

涵養う(自然に浸みこみやしなう)瞳の神を養う

目の角の大小は皆 血輪と言う

大きいのは皆心臓の君の火に属する

赤い者は実の火で

小さいのは心包の相の火に属する  

小さく赤い者は皆 虚の火に属する

両方の脾臓は肉輪となす 土の脾臓に属する

土は萬物を蔵する(つくる)から 

故に四輪を包んでいる。

開動(開いたり動いたりする)するのは陽となす。

應用(応用)となす

閉静(閉めて静か)なのは 陰と為す

則ち 睡(眠り)である

目の中の神膏薬がある(目の中に水分がある)

此れは胆嚢の中より滲出して

潤って精力の汁が積もってなる

そして 瞳の神を養う

神水(水)は先天の神の気が出て来た

化学変化を起こして出て来た

先天の神水によって出来ているので

これは潤沢の水である

神光があるのは 原因は 命門にある

これは胆嚢が于に 通じてる

心于に発している

此れは火の用である(火を用いる)

真の血もある

肝臓から昇って運行するのは

目に滋養するのは經絡の血である

此れには真の気がある

目の經絡の中で往来生用之気である

先天の元陽也。

真の精が有って

先天や後天が元気によって化(ばける)作れて

目は精力の汁である

此れは胃から起こる

胆嚢に施して瞳の神に及ぶ

目は堅い殻(から)から數重 数重ねて多くあって

真の血が神の水に滋養する

神の水は神の膏を包む

膏の中に一點(いってん)が萬物を照らし

広く空が無窮(むきゅう)

いくらでも広がって見られる

此れは水輪となす。腎臓の水に属する

人之邪とか正(正しい)

寿命とか夭(よう)せつする

貴(気高い心 高貴な心とか)とか

賊(卑しい心)とか

皆 目を見たら分かる

豈(あに) 人身の至寶(しほう)に

非乎(あざらんか)?

目の痛み

漢方薬1包で目が痛くて、全く開かない瞼が開きました。


ポメラニアン 白内障の白い部分が漢方薬2包で消えました。

結膜下出血発生 目の疲労が続きました。

眼底出血が漢方薬2日分で目が正常に治まりました。

飛蚊症の症状が漢方薬78日分で朝は全く出ません。

眼底出血を繰り返し起こして 目から血がダラーンと出ていましたが、 漢方薬で視力を0.8に取り戻しました

目の疲れ 漢方薬で改善できます。

目の下のクマ薄くなってきました。10年来のアレルギー性結膜炎痒み、充血有りません服用3日目

まぶたを上げる漢方薬でコンタクトレンズの度数も下がり視力がよくなりました。

眼精疲労

ニキビと異常に多いソバカス、涙目、心臓の痛み、動悸、吐き気、胃痛改善報告

慢性肝炎、肝硬変症、視力減退、倦怠感、食欲不振改善の薬膳料理 蒸し卵の枸杞子麦門冬炒め

アレルギー性結膜炎に効く漢方薬ありますか?眼科で治らない急性、慢性結膜炎は漢方薬が最適です。視力の回復もきたいできます。

ドライアイ 漢方薬で短期間で改善致します。

漢方薬1包で目が痛くて、全く開かない瞼が開きました。

酷いアレルギー性結膜炎が漢方薬5日分でほぼ改善しました。

半年間繰り返した酷いアレルギー性結膜炎が漢方薬で改善方向へ

漢方薬の効果で目が見える様になったのかなと思います。

飛蚊症が漢方薬14日で消え 30年来の頭痛が軽くなりました。

アレルギー性結膜炎で目の角膜に傷 痛みで夜中泣き叫ぶ事も無くなりました。

失明を宣告された目が漢方薬3週間分で回復しています。

糖尿病性の眼底出血が完全に止まりHbA1Cが6.5に下がりました

桐沢型ぶどう膜炎(急性網膜壊死)が改善し視力が回復維持しています。

桐沢型ぶどう膜炎で失明宣告 0.9と1.2に視力回復です。

眼底出血した血液の残骸(カス)が漢方薬で取れています。

桐沢型ぶどう膜炎。 血管造影剤が眼球血管から漏れません

結膜嚢腫(14日分)と卵巣嚢腫(178日分)が漢方薬で消えました。

糖尿病と高血圧からの白内障と飛蚊症が漢方薬で改善 目薬代月1~2万円が浮きました。

漢方薬40日分で結膜嚢腫の形が変わりながら潰れました

目の充血改善の漢方薬で予備校で学年100人中 1位の成績になりました

10年間のアレルギー性結膜炎の充血が漢方薬60日分で正常に戻りました。

眼底出血が漢方薬で止まり 糖尿病の食事制限中止思いっきり食べています

目の粘膜 角膜を強化するには胃腸 脾臓を強化する事です

ぶどう膜炎が改善しています

結膜下出血発生 目の疲労が続きました。

人工透析していますが漢方薬でレーシック手術後の視力が1.0と1.2に回復です

ブドウ膜炎で酷く見えなかった左目が右目よりも見えます

漢方薬で白内障の視力が回復 手術予定中止を眼鏡屋さんが進めます

目のリンパ腫漢方薬で出血が止まり真っ黒黒が取れました。

角膜に細菌 角膜が剥がれ落ち 漢方薬での改善経過です。

視神経が枯れている目 視力が漢方薬と仙人丸で快復です

鹿の角と亀の亀板漢方薬で白内障の手術を回避できました

寄り目が漢方薬で消え  抗鬱薬や睡眠薬も 5か月前から中止です

視力D(0.2以下)が漢方薬と仙人丸でA(1.0以上)癲癇も回復が早い

ペット猫 漢方薬で 目の腫れ赤味 食欲不振 大小便無しが改善  毛玉を沢山吐き出せました。

乱視と視力0.7が漢方薬と仙人丸で視力1.2に復活乱視も消えました

9才で老年性加齢黄斑変性と東京大学病院で診断治療法なしでしたが 漢方薬で血管中の水が引き視力回復です

漢方薬には眼精疲労を改善する薬が有ります

ステロイド薬常用の目の痒み、炎症、腫れが漢方薬で少なくなり失明の不安が消えました

目の膜を取る手術が漢方薬4日分で膜が消え 手術を回避できました。

仙人丸で視力アップ 免許更新 眼鏡着用が不要です。

醫方集解 北京語の古文体を日本語に翻訳 眼目の剤 解説

中心性漿液性脈絡網膜症が漢方薬16日分で全ての症状が消えました。

ステロイド点眼液や内服薬は全身に黒い毛が生える副作用があります。

 

 

ブログ一覧へ戻る

木室ミヱコ ホームページ

Copyright © 2006-2020木室ミヱコAllright Reserved.